いなかパイプ 「いなか」と「とかい」のパイプWEB

ウエディングポンの時代(後編)!

2013/02/12


< ウエディングポンの時代(前編)!はこち >

 

僕はミドリムシで世界を救うことは出来ないけれど、

ポン菓子で地域に笑顔を広げることは出来ます!

 

島の素敵な結婚パーティーで披露させて頂いたウエディングポンは会場中に笑顔と歓声、

そして拍手を巻き起こし、無事終了しました。

ただ、このウエディングポン、実はただの余興ではなくとても深い意味があるんです!

折角なので、最後はウエディングポンに織り込まれた物語をお届けしますね。

 

ウエディングポン

 

ポンの基本原理は「窯(かま)にお米を入れ、加圧後の急減圧で膨らませる」ことですね。

この過程でお米は約10倍に膨らみます。

つまり「同じ釜(かま)の飯を食えば、喜怒哀楽共にすることで幸せが10倍にも膨らむ」ってことです!

 

さらに、もしご両家が実家でお米を作っていたら最高です。

一合ずつ両家で作ったお米を混ぜ合わせることが出来ます!

そして『ポン機入ポン!』ナイフでケーキを切る・分かつのとは対照的に、

入ポンでは幸せを呼ぶ打ち出の小槌でポン機を打ちます!

しかも、入ポン前には参加者全員でカウントダウンです。

これだけで会場全体が一体感に包まれ、ポンの瞬間には自然に笑顔と拍手が溢れます!

 

そもそも、お米は豊作と子孫繁栄の象徴なんです!

この物語はケーキにはありませんし、何とも日本向き!

しかも田舎に行けば行くほど尚良しでしょう!

入ポンで出来たポン菓子はホカホカのまま、乾杯のおつまみとして参加者に配れます。

地元の味、両家の味を知って貰いましょう。

勿論、無添加なのでアレルギーも気になりません!

 

次は、ポンライスシャワー。

脈絡のないただのお米ではなく、新郎新婦初めての共同作業で作ったお米のポンを配り、

今度はそれを参加者から振り掛けてもらうのです。

これこそ本物のライスシャワーじゃないですか!

 

ライスシャワー

 

そして、最後お開きの際には手土産としてお渡し出来ます。

これなんて、まさに幸せのお裾分け!

クッキーやチョコもいいですが、ポンは軽いし、なんせ日持ちします!

如何ですか!全く無駄がない上に、抜群の物語性!

しかも、しかも、ご高齢の方には懐かしく、お子ちゃまには目新しく、

みんながポンの音で笑顔になれるのです!

 

いやあ、改めて秀逸すぎます。

次世代ブライダルとして、2013年、ポン真鍋はウエディングポンを絶賛推奨して参ります。

もしご興味のある方がいらっしゃれば是非お声掛け下さいねー!

遂に、ウエディングポンの時代が来た!

 

『ポンは地域を救う』『ポンは幸せを運ぶ』『レッツ・ハッピー・ポン!』

 

 

 

▼コメントをどうぞ

顔の写真 真鍋邦大 さんのプロフィール・記事一覧はこちらら >>