いなかパイプ 「いなか」と「とかい」のパイプWEB

西会津ナイト@鎌倉 ~前編~

2017/05/17


鎌倉のとある企業との出会い

 私が現在、暮らす“福島県西会津町(にしあいづまち)”と生まれ育った“神奈川県鎌倉市”。
 このふたつの「いなかととかい」をつなげたいなーと思っていました。そんな私の秘めた想いに火を着けたのが、鎌倉のとある会社との出会いでした。

 SNSで目にして、興味を惹かれたのが「SUNSET MEETING カフェの空き時間使い方会議!」というタイトルのイベント。はじめは、「なにこれ面白そう!」「あれっ?!このイベント会場って鎌倉だ!参加してみたい。。」という興味本位でした。
 私が興味を惹かれたイベントを企画していたのは、鎌倉にある(株)エンジョイワークスという会社で、不動産業・カフェ・宿泊施設運営などの事業を展開している。
 鎌倉や逗子・葉山エリアで新築物件やリノベーション物件を取り扱い、カフェでは不定期でイベントやワークショップなどを行い、観光客だけでなく地域の人も通う居心地の良いカフェを運営。外国人観光客の利用率が高い、お洒落なHostelの運営までも。

「サンセットミーティングには仕事で参加できないけど、ここでイベントをしてみたい!」

と直感的に思った私は、以下のような内容でエンジョイワークスさんへひとまず相談のメールを送ってみた(笑)

「私は、鎌倉からIターンして福島県の西会津という町で暮らしている。」
「西会津の魅力を鎌倉で暮らす人たちにも知ってもらうイベントがしたい!」
「イベントができるスペースを探している。」
「都会で暮らす人と地域の人を繋ぎたい。」

というようなことを唐突にメールで訴えた。にも関わらず、エンジョイワークスさんからは、

「とりあえず鎌倉に帰省したタイミングで一度会ってお話しましょう」

と言っていただく。

 今思えば、担当者の角さんがこの時、私からのメールに丁寧な回答をしてくださったので実現できたイベントであると。

 

 私はせっかくのチャンスを逃すまいと東京出張のタイミングで、エンジョイワークの事務所に足を伸ばしてみた。ザックにはご挨拶代わりにお渡しする西会津の採れたて野菜をたくさん詰め込んで(笑)
 鎌倉出身ということもあって、相談のメールに興味を持っていただけたと思う。。ですが、そもそも鎌倉の皆さんが西会津町を知るはずもなく・・

 まずは西会津町のガイドブックやこれまで取り組んできた活動や町の課題(空き家・空き店舗)や現状なんかを社長をはじめ、社員の方々の前でお話させていただきました。そして興味を持っていただくために、新鮮なお野菜をお渡しする。(賄賂ではありません。笑)
 すると、福田社長から「西会津って今まで全く知らない土地だけど、何かしらの関わりを持っていけたらいいね」というお言葉をいただく。1人で漠然と「鎌倉と西会津をつなぎたい」と思っていた心に火がつく。そして協力してくれるという人たちが鎌倉にいる!
 もうやるしかない~!と協力隊任期が残り半年の私は突っ走るのでしたー。

 

どんなイベントを企画しよう?

「西会津で起きている取組みを伝えたい」
「西会津を知らない、それでも鎌倉の人に来てもらうには?」

鎌倉出身のはずの私も、どっぷり田舎に浸かっているので感覚が鈍くなっていたし、今の都会の人たちが何を求めているかが分からない(笑)

「鎌倉の人はただ美味しいものをいただくという、単純なイベントより少しソーシャルな要素があった方が興味深く参加してもらえるのでは?」
「鎌倉の人はオーガニック野菜ブームは過ぎ、本当に良い素材を選びたいという思考の人が多い」

というような鎌倉に暮らす人たちの趣味嗜好をアドバイス頂きながら、イベントの構想を練っていきました。

 何のために鎌倉でイベントをするのか、「西会津町の認知度を高め、親しみを持ってもらうために参加型のワークショップに参加することで一歩深く西会津のプロジェクトに対してのサポーターとなる人を増やす」ということをまず目的に掲げました。
 そして、西会津の地酒や食材を味わい、楽しんでいただく「西会津ナイト」というイベントを立ち上げました!
 西会津ナイトの会場となるHOUSE YUIGAHAMAは、鎌倉駅から歩いて10分くらいのところにあるお洒落なカフェ。

 

HOUSE YUIGAHAMA

 

 由比ヶ浜通りに面しており、大仏様とか長谷寺といった有名な観光地に行く観光客(インバウンドも含む)がバンバン通ります。PRさせてもらうには、立地も大変良いです。

 HOUSE YUIGAHAMAの店頭でマルシェもできたらPRになるな~と、思いイベントだけでなく、マルシェもさせていただくことに。諸々の細かい打合せはメールやハングアウトを通じて、オンラインで進めていきました。
 エンジョイワークスのみなさんと実際にお会いしたのは、1回のみ。オンラインと電話とメールでしかお話進めていないのに、エンジョイワークスのみなさんはものすごく親身になって相談に乗ってくれるし、一緒になって考えてくださる。
 一緒にイベントづくりできたことが本当にうれしかった。

 

集客用のチラシ

 

 集客用のチラシを作って、SNSで呼びかけて、告知も鎌倉の皆さんに助けてもらって。現地で調整できない分、本当に自分勝手なお願いばかりになってしまった・・それでもわがままを聞いてくださった角さんをはじめエンジョイワークスの皆さんには感謝、感謝です。

 肝心なイベント当日の様子は「西会津ナイト@鎌倉~後編~」へ続く。

 

▼コメントをどうぞ

顔の写真 横山萌美 さんのプロフィール・記事一覧はこちら >>