いなかパイプ 「いなか」と「とかい」のパイプWEB

僕の「感情」発見!自分にウソをつかない働き方・暮らし方の見つけ方

2017/07/29


 いなかマガジン、久々登場のササクラレオです!
 明日は、いなかパイプ始まって以来のビッグイベント!「いなか求人フェス」を大阪・梅田で初開催します。 

 日頃から情報発信してないから、いざイベント!という時に、集客に困るというのはよくある話。わかってはいるんですけどね〜 基本、面倒くさいな〜と思ってしまうので、発信したいことはたくさんあるけれど、発信せずに終わってしまう日常です。
 まぁ、これが田舎者の特性な気がします。だから、田舎の情報は世の中にあまり発信されてない。(一概には言えませんけど。)

 
 さて、今日、書きたいことは、先日送ったメールでのイベント広報文のことです。
 イベントの告知をしよう!と思って、勢いに乗って書けた文章で、メール送信後、いつになく反響がありまして。
 自分でも、この今の想いを書き残しておきたいなーと思ったので、いなかマガジンに投稿させていただきます。

 
四万十川

 
 先日、1年間毎月大阪に通って自己研鑽していたファシリテーター研修が修了しました。
 この研修は、楽しく学び多き研修で、研修仲間もでき、今後につながる糧を得た研修となりました。

 研修最後のスピーチで、何を話そうかとずっと考えていましたが、いざ自分の番が来ると、なぜか目から涙があふれてきました。
 悲しいわけでもない、つらかったわけでもない、何か感じる思いがあったわけではないけれど、体の反応として涙があふれてきました。
 涙がひと段落して、出てきた言葉は、ただただ「ありがとうございました」ということでした。
 この言葉も、用意していた言葉でもなく、頭で考えたことでもなく、ただただ、出てきた言葉が、口から出て行きました。

 こんな経験は生まれて初めてで、自分自身、驚くべき出来事でした。そんな出来事を今、振返ってみて思うのは

これが「感情」というものか、

ということ。
 そして、「感情」は、頭で考えてコントロールできるものではなく、自分自身の「考え」を超えて起こるモノなのだと身をもって体験して、やっとわかるようになった気がしています。

 
お茶

 
 理論的に考えて〜とか、効率的に行動して〜とか、人間を、自分自身を、自分が考えられる範疇で動かせると思っていた節が自分にはあり、でもうまくいかないということもわかっていて。
 そのことのメカニズムが、身をもって体感できた出来事となりました。

 ということで、やはり、人間は、人間が考えられる範囲で、自分自身も、他人もコントロールすることができないんだということと、「考え」の範囲を超える、コントロールできない「感情」みたいなものと付き合っていかないといけないんだ、ということを改めて再確認しています。

 そんな出来事があって思うことは、そんな自分の「感情」を押し殺して、気づかないふりをして、働いたり、生きて行くことは、人間は難しいだろうな、ということ。「考え」のレベルを超えて、出てきちゃうものだから。

 
よって西土佐

 
 そして、一人ひとり全く違う、想像を絶する「感情」があって、この多様な人々と、「感情」をすり合わせながら、働いていかないといけない、ということ。
 このことは、本当に難しいことなんだなーーーーと、改めて実感しています。

「感情」と「感情」をすり合わせるということが、関係をつくるということなんだと思います。

そんな関係をつくりながら、仕事していますか? 働いていますか?

「そんな難しく考えなくても〜〜」

と言われちゃいそうですが、成熟社会で、人口減少のこの世の中で、組織や地域が生き残って行く上で、必要なことなのではないかと思っています。

 こんなことを気づかせてくれたのは、研修を通じて1年かけて、関係をつくることができた、大阪で活動する「フェンスワークス」のみなさんです。

 
フェンスワークス

 
 そんな仲間と一緒になって、この夏、大阪で夏フェスを開催します。
 時を同じくして、丁度、日本最大級の音楽フェス「フジロックフェスティバル」が開催されていますが、こちらのフェスは、日本一静かな夏フェスで、対抗です!笑

 「いなか」のお仕事求人のマッチングイベントですが、これからの時代、しかも、人間が少ない「いなか」での求人募集は、これまで通りの就職説明会とか、移住相談会とかでは、出会いたい人に出会えないということと、出会ってもうまくマッチングできない気がしていまして、今回、実験的に、こんなイベントを企画しています。

 
 前代未聞のぶっ飛んだ企画ということと、前段で書いた通り、発信するのが苦手なもので、広報が十分じゃないものの、広報応援して下さるたくさん皆様のお陰様で、未だかつてない拡散がされました。本当に、本当にご協力ありがとうございました!

 気になるフェイスブックのイベントページへのアクセス数は、

 リーチした人数 1.8万人
 閲覧者数 950人
 回答した人 256人
 シェア 62件

という結果になっています。

 こんだけ拡散されたら十分でしょー!!と田舎者としては思うのですが、参加申込としては、一昨日の時点で、なんと3名!そこから、なんとなんと!現在のところ7名!ということで倍になっています。
 本当に嬉しいことですね〜。フジロックではなく、求人フェスを選んで頂いて!貴重な初回に、ご参加頂けるなんて、参加申し込み頂いた皆さん、本当にありがとうございます!当日お会いできるのを楽しみにしています。

 
野菜畑

 
 この参加申し込み状況を見て思うことは、片方から見ると、今の社会にとって「ニーズがない」と言われるものかもしれません。
 けれど、僕は「なんだか面白い!」と思ってしまっていて、新しい時代を切り開く手ごたえを感じていたりしています。
 どんな当日を迎えるのか、どんなイベントになるか、本当に楽しみです!
 
 ということで、前代未聞の求人フェスは、いよいよ明日となりました。
 この記事を見て、参加したい!という方、お伝えしましたとおり、席にはまだ余裕がございます。ぜひご参加ください。一緒に、これからの働き方・暮らし方について、お話ししましょう!

 三重・京都・鳥取・徳島・高知・長崎の「いなか」で面白いお仕事をしている事業者のみなさんと、いなか求人フェスに惹かれて集まった参加者のみなさんと、大阪で活動するフェンスワークスの皆さんに聞き手になってもらいながら、しっかり話をする時間を作りましょう!
 そんな話の中で、自分とあう仕事仲間や、人生の仲間を見つけようじゃありませんか!

 これからの働き方や暮らし方を模索しているような方。今の社会やお仕事に、生きづらさ、行きづらさ、を感じているような方は、特に!ご参加をお待ちしています。

 
いなか求人フェス

 

▼コメントをどうぞ

顔の写真 佐々倉玲於 さんのプロフィール・記事一覧はこちら >>