いなかパイプ 「いなか」と「とかい」のパイプWEB

気づけばもう、北アルプスには雪が降りました

2017/11/08


 そびえるお山の雪化粧の美しさにため息をついてしまう長野県北アルプス山麓地域よりこんにちは。
 「地域と人を繋ぐ」を生業とするLODEC Japan合同会社のたつみです。

 

北アルプスには雪が降りました

 

 いなかパイプの関係各位、大変ご無沙汰にしております! 気づけばもう、北アルプスには雪が降りました、、

「待てよ。あれ?ブログ、、全然書いてない、、よね??」

なんてことをふと思い出し日々の忙殺の合間に無計画にもキーボードを叩いております。はい。大変ご無沙汰にしております。笑
 
 さてさて、久々のブログとなりました。たまりにたまったあれこれを少しずつ書かせていただこうと思います!
 まずは、私の棲家である長野県の左上のエリアに、どどんっ!!とそびえる北アルプスの雄大さ&田舎リア充な日々を惜しげも無くお知らせさせていただきます。笑

 

北アルプス

 

 こちらが私たちの棲家である長野県の左上のエリアに壁のようにそびえる「北アルプス」。3000m級の山々が、日本海のすぐ近くから南にまっすぐ140キロ程続く超巨大!!な山脈です。
 長野県側は「北アルプス」とか「飛騨山脈」。山脈の向こう側の富山県側では「立山連邦」と総称されています。富山県側はこちら山脈を「うしろ立山連邦」と呼称しているようですが、どっちが前なのか後ろなのか、どこからが始まりでどこからが終わりなのか!!
 わからないほど日本最大級の自然が生み出した壁は日本最大級に巨大なのです。
 
 私たちが棲まう山麓・大町市の酒蔵は、この山々を描いた酒瓶に「日本の屋根に乾杯」と記しています。このキャッチコピーに出逢う度、私はロマンスを感じられずにはいられないのです。

 

日本の屋根に乾杯

 

 この地域は、8月真っ只中のお盆を過ぎると短い夏はすぐに終わり、途端に秋風がお山から吹き始めるのです。
 9月に入ると肌寒さをおぼえたり、夏を思い出す陽気が行ったり来たりして、下旬には長袖無しでは過ごせなくなります。
 10月に入ると、ぼちぼち朝晩はストーブに火を入れ始めます。そして、下旬にもなると「真冬か!!」なんていう冷え込んだ日が突如訪れます。
 
 冬のような寒さを感じる頃には雨が数日間降り続きます。そして、長らく姿を隠していたお山が久々顔を出すと、雪化粧をあしらい景色を一変させて、私たちの暮らしを冬へと導くのです。

 

朝焼けのオレンジ色と雲海

 

 ここは私のお家であるシェアハウスより車で15分の展望台からの景色。1日の始まりは、朝焼けのオレンジ色と雲海が出迎えてくれます。
 私たちはこの地での非日常な日々を発信することで生業を創り出しています。「田舎リア充」そんな日々をドヤ顔で自慢しながら、

「移住、しちゃう?」

なんてことを軽々がるしく口にします。
 画面の向こう側のあなたの好奇心に訴求したいのです。

 

移住PR用の動画制作の事業

 

 最近私たちは事業開始後初めて、長野県の事業のプロポーザル(入札)に参加しました。この地域の移住PR用の動画制作の事業です。
 大手他社が参加する中、最弱ローカル企業としてひたすらに想いと人を魅せる企画書と絵コンテを制作しました。
 奇跡的に私たちに事業の委託をいただくことになり、この日は雲海と朝日を人を撮影したのです。大人の階段を登った気分です。笑
 
 「地域と人を繋ぐ」なんてことを、お金をもらってできるようになるなんて!!
 意欲満々に目下取り組む事業の一つです。

 

雲の下の町は霧の中

 

 雲の下の町は霧の中。雲の上に広がる景色はまさしく絶景。
 
 町の木々もすっかり赤と黄色の秋の色。お山の上の雪も、徐々に里へと降りてきます。
 北アルプス山麓の北側の白馬村~小谷村はスノーリゾート地として世界中から多くの人々が訪れる季節となります。

 

季節は一気に冬へ

 

 気づけばもう、北アルプスには雪が降りました。これから季節は一気に冬へと向かっていきます。2017年もあと少し。
 多忙に過ぎる時間の早さと、日々移り変わる景色と温度を感じながら、田舎でもスタイリッシュに消耗中!笑
 
■北アルプス山麓地域への入口は、こちらから。
LODEC Japan合同会社

 

長野県北アルプス山麓地域の人
たつみかずき

 

▼コメントをどうぞ

顔の写真 たつみかずき さんのプロフィール・記事一覧はこちら >>