いなかパイプ 「いなか」と「とかい」のパイプWEB

物件が決まりました~いなかで物件を探す方法~

2018/05/16


 こんにちは!北海道栗山町の石井です。

 桜の開花前線が北上中ですが、北海道も雪解けが進み、前線が近づいてきたな~と感じます。

 栗山町の協力隊は、①地域の産品を提供するカフェ&バー ②地域密着型のゲストハウス ③栗山町ふるさと応援寄附(ふるさと納税)を核とした会社を立ち上げて、栗山町を若者の町にしよう!という計画の真っただ中にいます。その計画のベースとなる物件がほぼ決定いたしました。

 

物件がほぼ決定

 

 栗山町の中心部にある商店街の中、約1年前まで時計屋として営業していた店舗です。

 営業当時は1階が店舗で2階を住居として使用していたようですが、私たちは1階を飲食店と事務所、2階をゲストハウスに改修して利用したいと考えています。

 先日、内見をさせてもらいました。

 

店舗部分

 

 店舗部分です。まだ、時計屋としての面影が残っています。

 

2階部分

 

 2階部分です。まだ荷物が残っていますが、各部屋に窓もあり、いい間取りになりそうです。

 こちらの物件を、7月~9月でDIYをして、11月にはカフェ&バー部分のオープン、時間差で来年晩夏にゲストハウス部分のオープンを予定しています。

 

 さて、この物件にたどり着くまでに約半年ほどの時間を費やしました。それはなぜか。情報がないからです。

 一般的に物件を探す際は、不動産情報が載っているサイトで希望の条件を入力すれば選択肢がたくさん出てきて、その中から気に入った物件の内見を申込む。という流れですよね?

 しかし、そこが都会と地方の違い。まず、不動産情報が載っている複数のサイトで調べようと思っても情報が載っていません。ネット上で調べられないということは、足で調べるしかありません。

 

大きく分けて方法は3つ。

①町の不動産屋に行き、物件情報を教えてもらう。

②町内をひたすら歩き、目ぼしい物件をチェックする。

③人脈を頼りに情報をゲットする。

 

 まずは、町の不動産屋に行きました。

 不動産屋といっても、外から見えるように物件情報が親切に貼ってあるということもなく、ピンポーンというインターホンを押して事務所にお邪魔します。

 自分たちが探している条件(1階で飲食店、2階でゲストハウスが可能で事務所スペースも備えるもの)を提示したら物件情報が出てくるものと思っていましたが…

 

「あなたたちの夢を語りなさい。私は熱意で仕事するの!」

 

と言われ、この計画を語るものの、熱意が足りなかったのか物件情報の「ぶ」の字もゲットできないまま敢え無く撤退しました。

 不動産屋で情報を仕入れられないとなると、今度は自分たちの足か人脈を駆使して情報を集めるしかありません。

 商店街から、裏道から、中心部から車で30分くらいかかる山の方から…それらしき物件を求めてひたすら探します。

 町民の方から教えてもらった情報をもとにひたすら現地を見行きます。それでもなかなかピンと来る物件に出会えません。

 

 最近、古民家を改修してゲストハウスをオープン!というようなニュースや話をよく耳にしますが、あれは雪の少ない地方だから可能なこと。

 雪の多い北海道では、古民家と聞いて見に行くと窓がない、屋根に穴が開いている、基礎が腐っている…などなど、人が住まなくなった住居はものすごいスピードで朽ちていきます。特定空き家にしないための空き家管理サービスを始めようかと思うほど、空き家はたくさんあるのですが、建て替えた方が安いし早いみたいな物件が大多数です。

 

 それは物件探しも暗礁に乗り上げたと思われた、昨年末の日曜の昼下がりでした。最初に訪れた不動産屋から突然の着信。

 

「いい物件出たわよ!」

 

どうやら、私たちの話を聞いた時から、いい物件が出たらすぐ連絡しようと思ってもらっていたようで、とうとうドンピシャな物件が出たというのです。

 翌日の朝一で不動産屋に情報を聞きに行き、内見の手はずを整えます。こうして、私たちのベースとなる物件と出会うことができました。

 正式な契約はまだ交わしていませんが、現在家賃や契約時期の取り決めを行っています。と同時に、ここで飲食店や宿泊施設の営業が可能かどうかを調べるために、管轄の保健所や消防署に図面を持参して相談を行っています。

 

 冒頭でDIYで改修を進めると書きましたが、私も一緒に計画を進める高橋も、DIYに関しては全くのシロウト。シロウトでもDIYでここまでできるよ!ということをがんばって証明したいと思います。もちろん、設計や水道工事、電気工事などプロの力が必要な部分についてはプロにお任せしますが、できる限り自分たちの手で進めていきます。

 

 4月から、新隊員も2名加わり、益々パワーアップした栗山町地域おこし協力隊。嬉しいことに最近、活動の内容や事業の計画についての話を聞かせてほしいと視察(?)に訪れる方がいらっしゃいます。全国の先進事例になれるよう頑張っていきます。今年も応援をよろしくお願いいたします!!

 

追伸

 栗山町のふるさと応援寄附(ふるさと納税)の今年度の申し込みが始まっています。リニューアルしてパワーアップしたメロンやとうきび等のおいしい返礼品を多数ご用意しております。皆様からのお申込み、お待ちしています。

 

▼コメントをどうぞ

顔の写真 石井翔馬 さんのプロフィール・記事一覧はこちら >>