いなかパイプ 「いなか」と「とかい」のパイプWEB

特定非営利活動法人地域おこし

スタッフ/いなかマガジン執筆者

多田朋孔
多田朋孔
福島美佳
福島美佳

2004年10月23日の中越地震以降、池谷・入山集落では地元住民主体で2005年3月に任意団体「十日町市地域おこし実行委員会」を立ち上げ、震災復興の活動を行うようになりました。 震災復興が落ち着いてくると、その後は「集落の存続」を目標として、下記4つをテーマに地域おこしの活動を行ってきました。

  • ・中山間地での営農生計の確立(米の直販・その他)
  • ・後継者の育成・受入れ環境整備
  • ・耕地・山林の維持・整備(中山間地機能維持)
  • ・日本全体の問題(限界集落・食糧・環境)への挑戦
現在池谷集落は移住者を迎え入れ、限界集落から脱却し、「奇跡の集落」と呼ばれるようになっています。 十日町市地域おこし実行委員会は平成24年4月にNPO法人化し、平成29年度には名称を変更し「特定非営利活動法人地域おこし」となりました。 池谷・入山集落が地域おこしのモデルになるよう取り組み、十日町市内外問わず全国の地域おこしの応援もしています。

十日町市インターンシップ
十日町に来たい人・住みたい人のナビサイト『さとナビ』
http://www.tsukurou-tokamachi.jp/