いなかパイプ 「いなか」と「とかい」のパイプWEB

いなかビジネス教えちゃるい!インターンシップ

  • プログラム概要
  • 参加者の声
  • これまでの様子
  • お申込み・お問い合わせ

ばうむ合同会社
木を使って次のステップへ

ばうむ合同会社

ばうむ合同会社
代表社員
門田恵美さん・藤川豊文さん

 木と関わる仕事を探しているような人に必見の研修情報です!研修を募集をしているのは林業の一等地の本山町にある「ばうむ合同会社」。バウム(Baum)はドイツ語の「木」。名前からも伝わってくるように、この会社、とにかく木と森と向き合いながら、色々な試みをしています。
 高知県の森林面積率は84%と日本一です。その中で、本山町は四国を東西に伸びる四国山地の中央に位置する標高の高い嶺北地域に位置しています。森と吉野川に囲まれた高知でも緑と水の関わりが深く、高知市内や他県へのアクセスもよいため、移住者に人気のエリアの一つになっています。

 ばうむ合同会社

 

 ばうむ合同会社の加工場には林業に関わるあらゆる人が仕事を共にしています。木を管理する人、木を伐る人、木を製材する人、木をデザインする人、木を販売する人。いわゆる6次産業がこの場所で行なわれています。
 同じ場所で連携できることは流通コストを下げる利点もありますが、一人で生産から販売までできないような大きな規模の建築や木材加工の世界では、容易にコミュニケーションができる現場は新しいことが生まれやすい環境でもあります。
 ばうむ合同会社の職場では、それぞれが独立していたり、パートナーであったりとたえず流動的な関係が生まれているようです。
 ばうむ合同会社の発起人である藤川さんにお話を伺いました。

ばうむ合同会社の発起人である藤川さん

 

ばうむをステップにして活躍してもらいたい

 藤川さんは長年、木に関わるあらゆる現場を見てこられた中で、現在の心境を語ってくれました。

「今の林業は面白くないでしょ、お金にならない木を伐ってどうするのってこと。日本の多くの山作りの政策は失敗していると思う。これから少しずつ昔のように豊かな山に戻していかないと。」

 藤川さんが目指しているビジョンは明確です。それは「木を使う環境を維持すること」。自らの活動を国土保全事業と宣言して、多様性があった昔のような森になるように木と関わっていきたいと想いを伝えてくれました。
そんな、ばうむの経営理念もあって、関わる仕事も多種多様。入り口から入って出口が別になってもいい、というような自由な社風があります。

「将来、ばうむをステップに起業してもらってもいいし、少しやってみて違うと思ったら修正したらええ。ばうむが大きくならんでも、同じような関係が作れる仲間がほしい。」

と森のように懐が深い藤川さん。

「極端に言えば、試しに『なんちゃって』で来てもええんです。仕事はいくらでもあるから。」

と心強い!こういう会社に林業の未来があるんだなぁと思うほど、聴く人を惹き付ける魅力をもっている藤川さんの言葉から、ばうむ合同会社の考え方が伝わってきます。

 

ばうむ合同会社の職場はこんな感じ

 広い製材置き場
広い製材置き場

 ばうむ合同会社以外の職人さんや1.5次加工のフリーパネルの製品を作っている人達も仕事をしています。

ばうむ合同会社以外の職人さんや1.5次加工のフリーパネルの製品を作っている人達も仕事をしています。
ばうむ合同会社以外の職人さんや1.5次加工のフリーパネルの製品を作っている人達も仕事をしています。

 ばうむ合同会社
その後そのフリーパネルを更にデザインしたり、企業のノベルティを作るのは、ばうむ合同会社の仕事です。最近では注文が追いつかない程の需要があるそうです。

 木パネルを加工の様子
レーザープリンターがあるので紙を印刷するように木パネルを加工出来ます。

加工の様子

加工の様子
レーザー加工はプリンターと同じように使えて、若い人も現場にきて直に対応する人が多いようです。

 

経理、デザイン、そして代表へ

 ばうむ合同会社の代表を藤川さんとともに務めている門田さんから、ばうむでの仕事について伺いました。
 門田さんは、本山町の商工会へ勤め、結婚・出産のため退職した後、ばうむ合同会社が立ち上がるタイミングで声がかかり入社されました。最初は、経理や簡単な加工などの事務を任されていたそうです。その仕事をやっているうちに「自分の好きなデザインを作ってみていいよ」と言ってもらったことをきっかけに、自分でデザインした加工品をつくるようになったそうです。

 ばうむ合同会社に務めている門田さん

 「デザインは全く勉強したことありませんでした。雑貨とか見るのが好きだったので、こういうものだったら自分もほしいかなぁというものを作るとこから始めました。」

 全く経験がなかった門田さんでしたが、作った商品はよく売れているそうです。雑貨を見るのが好きだった門田さんですが、「まさか自分が作る側になるとは夢にも思っていなかった」と言います。今では自分がイメージしたことが、すぐに形になって、商品としてお客さんの手に渡ることに、一番やりがいを感じているそうです。

門田さんがデザインした人気のコースター
門田さんがデザインした人気のコースター

 現在代表として任されている門田さんですが、デザインに引き続き、代表になることも想定外だったそうです。代表としてのプレッシャーを感じながら、門田さんも次のステップを踏んでいるようです。
 ばうむには、将来的に役場がもう一つできるような、林業や農業を中心にした連携をしていきたいという野望があります。数年後には、ばうむのような会社が本山町でたくさんできているかもしれません。

 

本山町は暮らしやすい!

 高知市内からUターンして商工会で仕事をしたり、母として暮らしている門田さんですが、そんなふるさとの本山町は、門田さんにとって暮らしやすい町だそうです。地域の人の繋がりが強く、安心して生活できること、外から来る人達も多く、地域も受け入れてくれている町ということでした。母としては保育園・小学校・高校・病院など、すべてが近くにあって便利というところがうれしいそうです。高速のICも近く、高知市内も30分ほどでいけ、山深い嶺北地域は今移住者希望者注目の地域でもあります。

本山町全景

 

こんな人に来て欲しい!

 今回の募集は、研修のみならず、研修修了後もいっしょに働きたいと言ってもらえるような仲間を探しています。業務としては、門田さんが日々行なっているレーザー加工や木工などの仕事をしたいという人を募集しています。
門田さん自身がデザインを学んだわけではないので、決してデザイン能力が高い必要はないそうです。

 「アイデアを形にするのが好きで、一緒に商品づくりを楽しんでくれる人が、向いているかもしれませんね。『自由なところ』それがばうむの唯一いいところです。笑」

と門田さん。日々の仕事も忙しいので、そういう仕事をしながらも空いている時間をみつけて、商品開発をすることに喜びを感じている人なら、うってつけの環境のようです。イベントなどもあるので人とのコミュニケーションができることも持っていてほしい能力とのことです。

 好きなことは挑戦もさせてくれて、合わないと思ったら方向転換してもいい。藤川さん曰く

「地域づくりに興味あるけど、何をやっていいのか分からんかったら、とりあえず来てみたらええ。」

というほど受け皿が大きなばうむ合同会社ですが、今後は木材加工の分野でも、人がいくらいても足りないというほど忙しくなりそうとうことです。日々の業務をこなしながらも、やりたいことを実現していく意欲があるような人なら、色々なことができそうな職場です。

 今回募集しているのは、木材レーザー加工を学ぶ研修生ですが、地域のために役に立ちたいという思いがある人や、山や木と関わりたい人なら、ひとまず来て、体験してみることも可能です。実際、ばうむ合同会社はお米を作ったり、焼酎を作ったりとその活動は一言で表せないところがあります。ばうむの「む」は無限の可能性に挑戦するということだそうなので、山の達人から学びたいという意欲がある人なら、門を叩いてみてはいかがでしょうか。

ばうむ合同会社経営理念

http://www.baum-llc.com/about/policy/

募集要項

研修名

いなかビジネス教えちゃる!インターシップ

期間

参加は随時受け付けを行っていますので、まずお問合せ下さい。

受入機関

ばうむ合同会社(高知県長岡郡本山町助藤)

宿泊場所 モデルルームとして活用されている一軒屋。研修場所から車10分
コース名

山コース(木材加工) 木材レーザー加工のアシスタント

研修概要

本山町を中心とした嶺北地域のことを学び理解した上で、木を活用する仕事を学ぶ。また、木材レーザー加工のアシスタントとして加工技術を習得する。

研修内容
  • ●本山町を中心とした嶺北地域の歴史を学ぶ
  • ●木材レーザー加工のアシスタント業務
参考

http://www.baum-llc.com/

受入定員 1名
応募条件
  • ●地域づくりに関心があり、地域のことを学ぼうとする意欲がある方
  • ●コミュニケーション能力を有し、人と協力し合って物事を進めることができること。どんな業務でも学ぶ視点・意欲を持って取り組むやる気を持った方
  • ●デザインや木工をやってきたような経験者大歓迎
  • ●研修修了後、就職を希望する方大歓迎
費用

98,000円(コーディネーター料・宿泊経費・保険代等含む)

※求人へのエントリー希望の場合は、参加費免除。

対象
  • ●田舎で、仕事をし、暮らしていきたいと考え始めた方
  • ●進学・就職・転職など将来進む道を模索している方
  • ●いなかビジネスを経験してみたい方
  • ●18歳以上の明るく健康な方
運営団体・事務局

一般社団法人いなかパイプ

備考

なし

お問い合わせ・エントリーはこちら験