いなかパイプ 「いなか」と「とかい」のパイプWEB

31才からのワーキングホリデー

2014/01/10


31才にして、初めてワーキングホリデーに挑戦しております。

国はニュージーランド。期間は5ヶ月… の予定。

 

ワーキングホリデー@ニュージーランド

 

ワーキングホリデー@ニュージーランド

 

 ニュージーランド(以下NZ)生活も2ヶ月がすぎ、慣れてきたのか、ようやく楽しくなってきました。

 今、一番に思っていることは、ワーキングホリデーは人生を豊かにしてくれる1つのアイテムだということ。年齢制限などはありますが、「仕事やめた」「就職先が決まらない」「人生に悩んでいる」「自分を変えたい」「田舎で暮らしたい」「日本と海外を行ったり来たりしたい」「外国で恋愛したい」という方は、今こそワーホリにトライして欲しいと思っています。

 

 

 ワーキングホリデー(以下ワーホリ)は、18~30才(申請時)の若者(独身者)を対象に、お互いの国の生活や文化などを相互理解するために設けられた国際交流制度の一つです。

 このワーホリビザを取得すると、ニュージーランドの場合は入国時から1年間滞在でき、6ヶ月までなら語学校にも通え、アルバイトも可能。しかもNZは農業大国なので、ファームで2ヶ月働けばビザをさらに2ヶ月間延長できます。つまり、通常「観光ビザ」だと3ヶ月間しか滞在できないところが、「ワーホリビザ」だとその4倍も長く滞在でき、そのうえお金を稼げるというプレミアムメリットがあります。その間は、語学学校で勉強したり、仕事したり、ワイン農園で働いたり、資格をとったり、もちろん旅を楽しんだり、途中で日本に一時帰国したり、オーストラリアやフィジー、サモア、バリへ遊びにいったり、恋愛したりと、とにかく自由自在なのでプランはあなた次第。

 

ワーキングホリデー@ニュージーランド

ファームステイ先のパパさんとハイテク乳搾り体験へ

 

ワーキングホリデー@ニュージーランド

エクスチェンジで築100年のコテージを大掃除!

 

 

 ただし申請は31才になる日までに行う必要があって、もろもろの書類を英語で揃え大使館にメールで送信しないといけません。さらに、国が指定する病院でレントゲンを撮影し、診断結果を大使館に郵送する必要もあります。英語の書類はネットで検索すれば、誰かが手順を日本語で紹介しているので簡単なんですが、このレントゲンがくせもので、指定されている病院が東京、神奈川、名古屋、大阪、神戸、福岡のみ。高知からだと1日がかりの作業で大変苦労した思い出も。。。とはいえ結構簡単にとれちゃいます♪(オーストラリアのワーホリビザはもっと簡単なうえ、時給も良いそうなのでガッツリ働きたい人にはこちらが人気らしい)

 

▼NZのワーホリビザ申請方法を日本語に訳してくれたHP。

http://suemari.com/nz/visa.html

取得したビザはプリントアウトしてNZに持参するだけでよい。出国審査でとくに見せる必要もありませんでした

 

 

 そして、ワーホリに挑戦するうえで覚悟しておいてほしいのが「英会話」です。海外へ行けば、日々「英語」がつきまとうのは当然のことで、これにはみんなかなり苦戦して、ダメージくらって、自暴自棄になりながら、それでも乗り越えていっているように思います。私も最初の1ヶ月目で挫折して、やっぱり日本がいいよ~日本語って素晴らしいよ~帰りたいよ~なんてもがき苦しみました。

 海外で暮らす&働くならやはりそこそこの英語力が必要なわけで、英語が分からない、話せないということは、あらゆる場面において壁になってきます。だって、他国の人たちはみーんな英語を流暢に話せるんですよ。「日本を旅してみたいけど英語が通じないから行けない」とは、旅先で出会う海外旅行者の声で、日本人は本当に英語が話せない人が多いし、そういう印象を抱かれています。これはやっぱり問題だと思います。

 

 

 とはいえ英語が話せないからワーホリに挑戦できないのではなくて、中学レベルの英語力があればなんとかなるのが現実です。

 エクスチェンジも日本人が経営している宿ならなんとかしてくれます。外国人のオーナーさんでも、日本人に好感を抱いてくれている人なら快く受け入れてくれるでしょう。

 収入が得られるファームのピッキング(収穫)も、履歴書を提出しないといけないけど、そこさえクリアしたら身振り手振りでこなせると思います。

 そして旅行だけなら、中1レベルの語学力があれば乗り切れるでしょう。

 それでも英会話に自信がないひとは最初に学校に通えばいいし(授業料は1ヶ月10万ほどしますが。物価が安いフィリピンなどで学べば激安です。アメリカやヨーロッパだともっと高額になります)、まぁ、行けばなんとかなるものです。会話ができないと悔しい思いもするけれど、生きてはいけるので大丈夫!

 

ワーキングホリデー@ニュージーランド

英語が話せなくてもなんとかなっている、の写真

 

 

 実際、NZで出会う若い日本人は大体ワーホリビザで入国していて、長期滞在者が多かったです。そのため、フラット(シェアハウス)、オーペア(宿泊代の代わりに家事手伝いを住み込みで行う)、エクスチェンジ(宿泊代の代わりにゲストハウスで3時間ほど働く)を使って住まいをみつけ、英語を身につけるため語学学校に通っていたり、アルバイト(bar、日本食屋、寿司屋、収穫ピッキングなど)をしたりしています。中にはサーフィンやトレッキング、キャンプ、自転車を楽しみながらNZを一周する人も。ファームステイやウーフーを使ってカントリーライフを楽しむ人もいます。他にも、長期就労や移住、マーケットにお好み焼き屋を出店してお金を稼ぐ旅人から、国際結婚を狙う強者まで、とにかく皆なんかしらアクションを起こしています。また、驚いたのがが、外国人男性と真剣に恋愛して結婚している日本人女性が多いということ。「ワーホリで海外いくなら日本には何も残してくるな」とはワーホリ先輩たちの格言。

 

 

 そうこうしていたらルームメイトや旅友、ホストファミリー、恋人なんかができちゃったりして、交友関係が一気に「国際化」していきます。英語のやる気スイッチもこのあたりで一度入ります。そして、毎日が新しい発見の連続なので、人生観や価値観がどんどん洗練されていくのも当然で、「自分が変わります」! わたしは、ワーホリの醍醐味は、まさにここにあると思っています。

 

 

 ちなみに、私のワーホリの目的はこんな感じでした。

 「大自然に抱かれる旅」というのがテーマで、海や山、川でのんびりと経営しているゲストハウス(ニュージーランドではアコデモーション、バックパッカーズと言います)をゆっくり巡って、かつおゲストハウスの今後の展開の参考にしよう。あわよくばヘルパー(エクスチェンジ)として無料で宿に住まわせてもらい、4時間くらい働いてあとは昼寝したり美味しい物を食べよう。もちろん、英語も勉強してかつおゲストハウスの今後に活かそう!!

 

ワーキングホリデー@ニュージーランド06wanaka

ワナカ湖独占、ナイスビュー!ニュージーランド人オーナー、エクスチェンジあり。近くの日本料理屋ササノキさんでバイトできる可能性もあるので、ぜひトライしてみて!

http://www.wanakabakpaka.co.nz/

 

ワーキングホリデー@ニュージーランド

オーナーのアキラさんが最高!日本人オーナー、エクスチェンジあり、温泉つき!

http://www.spalodge.co.nz/

 

ワーキングホリデー@ニュージーランド

 レモンもぎとり放題♡ 庭が最高にキレイ♡ 日本人オーナー、エクスチェンジあり

http://www.nirvanalodge.co.nz/

 

ワーキングホリデー@ニュージーランド

日本人オーナー、エクスチェンジなし。キウイのご主人が山にトラッピングコースつくってます。

http://morerehotsprings.co.nz/accommodation/

 

ワーキングホリデー@ニュージーランド

海以外はなにもなし!物思いにふけれます!日本人オーナー、エクスチェンジなし。

http://www.opotikibeachhouse.co.nz/

 

ワーキングホリデー@ニュージーランド

首都ウェリントンの巨大ゲストハウス。由緒正しき歴史ある建物をリノベ。カフェバーあり。

http://www.bbh.co.nz/bbh_HostelSearch.aspx?bbh=search

 

 NZには個性豊かなゲストハウスがたっくさん。ネットワークも充実。日本のゲストハウス間にもこういうネットワークがあればいいのにな。勉強になった!

 

 

 そんなこんなの2ヶ月間、最初はファームステイからはじまり、エクスチェンジ、バックパッカー旅&アコデモーションのリサーチ、そしてこれから語学学校と、色んな経験を31才というギリホリ(ギリギリワーキングホリデー)で体験し、人生観がどんどん磨かれているように感じています。

 そして私は今「モレレ」というニュージーランドきっての田舎にいて(人口40人)、そこで運命的な出会いを体験しました。挨拶程度しか英会話がでいない私に、ニュージーランド人の友達ができたんです。他にも、アメリカ、ドイツ、台湾、そしてもちろん日本人も、グローバルな友達ができて、次は互いの国を一緒にまわろうなんて話までしています。すこし視点をかえていうと、英会話がほとんでできない私と友達になってくれるって(私は英検準2級程度です)、よほど気があっている友達、心が優しい友達ということなんです。そういう相手と出会えたのなら、運命を感じずにはいられないし、この先も大事にしたいですよね? そうなってくると、相手の言葉をもっと理解したい、想いを伝えられるようになりたいという気持ちがつのり、英会話に対するヤル気に火がつく。「英語力は恋人ができたら伸びる」とはよく言いますが、まさにその通りで、恋人じゃなくても「この人と話したいっ!この人のために話せるようになりたい」って思える相手に出会った瞬間、火がつくものなんです。

 

ワーキングホリデー@ニュージーランド

 

ワーキングホリデー@ニュージーランド

 

ワーキングホリデー@ニュージーランド

 

ワーキングホリデー@ニュージーランド

 

ワーキングホリデー@ニュージーランド

 

ワーキングホリデー@ニュージーランド

 

ワーキングホリデー@ニュージーランド

 

ワーキングホリデー@ニュージーランド

 

ワーキングホリデー@ニュージーランド

ニュージーランドでできた友達たち

 

 

 そんなこんなで、これからその友人たちとコミュニケーションをもってとれるようになるべく、そしてかつおゲストハウスに来てくれる海外旅行者のためにも、残りの時間は語学学校に少し通おうと思います。短い間だけど、頑張ります!

 そしてそして、なんだか分からないけど自分にモンモンとしている人は、ぜひワーホリに挑戦することをおすすめます。そして田舎や自然が好きな人は、ニュージーランドが絶対オススメ。特に南島はロードオブザリングの世界さながらなので、自然も語学も旅もたっぷり満喫できるはず。私は2ヶ月目からようやく楽しめるようになったので、できるだけ長く深く海外生活を味わってもらえたらと思います。ぜひワーホリに挑戦して、人生をより豊かに、新しい自分の力を引き出してください!

 

ワーキングホリデー@ニュージーランド

 

fine;;;;;

 

 

▼コメントをどうぞ

顔の写真 前田真希 さんのプロフィール・記事一覧はこちら >>