いなかパイプ 「いなか」と「とかい」のパイプWEB

大正町市場協同組合

スタッフ/いなかマガジン執筆者

川村かおり
川村かおり
  • 〒789-1301 高知県高岡郡中土佐町久礼6370-2
  • 0889-52-2060
    • ・市場のめし屋浜ちゃん経営
    • ・市場内おばちゃん組合のとりまとめ、運営
    • ・ワークショップの企画運営
    • ・商品開発
    • ・観光開発
    • ・まちづくり

昔々、漁師の釣ってきた魚と農家の作る野菜とを物々交換する場として今の大正町市場ができました。
明治時代には庶民の台所として市場がにぎわい、漁師のおかみさんがトロ箱一つで、旦那や息子の釣ってきた魚を売り、そのお金で野菜を買っていきました。
大正時代、市場は大火災に見舞われ、ほとんどが焼失しましたが、当時の天皇陛下が200円のお見舞い金をくださり、見事、市場が復興できました。
それ以来、市場を『大正町市場』と名付け、現在に至ります。
その市場内の商店さんが出資して始めたのが”市場のめし屋浜ちゃん”。 以来、浜ちゃんは年間2万人もの人が訪れる市場の名所食堂となりました。
浜ちゃんの10年目となる年、これからの町づくり、漁師町文化を守る取組、これらに本腰を入れて取り組むため、大正町市場協同組合という団体を法人格にしました。 市場はもちろん、中土佐町全体のまちづくりを視野に、今後も精進していきたいと思っています。

大正町市場協同組合