ビバ☆いかだ下り!!

2012/09/03

顔の写真
執筆者 公文清水
所 属NPO法人GIFT

 

「う゛わ゛ぁぁぁぁ!! 落ちる~!!! ドカッ!バキッ!ゴン!」

 

とある薄曇りの日の、四万十川上流域で響いた音です。

 

 

念願のいかだ下りをしてみました(^^)

 

「いかだ下り」

見たこともあるし、聞いたこともある。

けど、乗ったことはない。

 

そんなことに気づき、目の前を流れる四万十川をGIFT眞鍋と下ってみました。

 

地元のおんちゃんの力も借り、前日に竹を切り、当日組み立てました。

 

 

なにしろ、竹を組むなんて未経験なので、おんちゃんのロープ術に

目をぱちくりさせながら学びました。

 

 

 

無事、いかだも完成し、夕方4時に大野見の天満宮前キャンプ場を出発!!

 

 

目標は四万十町昭和のあたり、約80kmを下る!!

 

ドキドキの出発でしたが、案外イイ感じでのんきにしてると、

なにやら前方で「ザー」という音。

 

 

そう「関」です。

 

四万十川はダムが無い川でも知られていますが、

その代わりにダムのちっちゃい版「関」がいくつかあります。

 

前日に道路から下見をし、ある程度のルートと覚悟はしていましたが、

いざ目の前にしてみると、全然迫力が違います!!

 

水の量、音、流れ。。。

 

皆さんに写真でお伝えしたいですが、あまりの緊急事態に

写真を撮る余裕もなく。。。(汗)

 

ある関では、いかだだけを流し下で飛び乗り、

ある関では、いかだに乗り頭からつっこみ。

 

いや、ほんとにジェットコースターが可愛く思えました(笑)

 

 

 

なんとか難所をクリアし、その日は、夕方6時に川原でテントを張りました。

 

 

 

いやぁ~、陸地ってホントにありがたい!!

 

その日はかなり雨も降り、早めの9時に就寝。。。

 

 

 

次の日は5時に起き、いかだ修理から始まりです。

 

ゆるんだロープを縛り直し、7時に出発!!

 

 

 

さぁ~今日はグイグイ行くでぇぇぇ と思ったのもつかの間、

かなりの急流に巻き込まれ、

「う゛わ゛ぁぁぁぁ!! 落ちる~!!! ドカッ!バキッ!ゴン!」

 

いかだに致命的なダメージが!!

 

縦、横、斜めの竹、破損!!

 

さらに、底につけてあったタイヤチューブが4本のうち2本が破裂して

使用不可能(TT)

 

オーマイガッ!

 

そのときの時間、まだ8時。。。

 

一瞬、「ここでリタイヤ??」

っていうくらいのダメージでした。

 

 

 

しかぁ~し。

そこは冒険野郎GIFT2トップ!

そんなことで止めるわけもなく、修理地点を探す。

 

幸い、竹は川の周りにふんだんにあるので、材料は現地調達!

ありがたや☆

 

 

トンテンカンテン、ギーコギーコ。。。

 

なんと修理に2時間30分もかかりましたが、何とか復活!

 

まだまだ、こっからやぁ~!!

 

 

 

途中、

荷物流され事件

う○こぷかぷか事件

公文、岩場取り残され事件

公文、メガネ川の底へ事件

 

などなど、聞くも涙、語るも涙の出来事がたくさんありましたが、

14時30分、残念ながらリタイヤ!

 

なぜかというと、僕のメガネが川の底へ。。。

いやいや、実は、テントや荷物が水を吸って重量が増し、もはや竹の浮力だけ

では耐え切れず、僕たちの足首まで水に浸かるほどいかだも沈み、

舵もきかず、「下ってる」のではなく「漂流」でした。

 

到着地点は四万十町「一斗俵沈下橋公園」。

 

なんと、出発地点からまだ20kmほどのところでした(T_T)

 

 

 

ビタビタの荷物を乾かし中(^^)

 

 

帰りは、前日にお願いしていた、いなかパイプさんに来て頂き、

そのままGIFT事務所で打ち上げでフィニッシュ!!

 

 

今回のいかだ下りで学んだこと。

・見るのとやるのでは大違い

・防水対策は確実に

・太陽が照るってありがたい

・五体満足ってありがたい

・メガネが川底へ落ちて ありがたい

 

 

う~ん、ビバ☆いかだ下り!!

 

 

 

 

 

FacebookTwitterLine

▼コメントをどうぞ