エンもユカリもつくるもの

2012/11/22

顔の写真
執筆者 恒吉美智子
所 属ユクリエ

どうも、お初にお目にかかります。ツネヨシミチコと申します。

2011年の秋に、四万十で一か月間、研修させていただきました。そんなご縁で「いなかマガジン」の執筆者末席に加えていただきました。

どうぞよろしくお願いします(^ツ^)。

 

一番最初の投稿なので、私がこの町に暮らしている理由などなどを少々。

 

 

私が現在暮らしている町は、大分県の由布市湯布院町という町です。温泉で有名な別府市からひと山越えて内陸にある小さい町です。この町にも温泉が湧いていて、温泉観光地としてにぎわっているので、パッと見、「いなか」に見えなかったりしますが、住んでいる人たちの心持ちが「ムラ」の感覚を大切にしているので、我が町も自信をもって「いなか」だと言えます。

 

 

山の上から町を見下ろせば、つくづく小さい町だと思います。

▲山の上から町を見下ろせば、つくづく小さい町だと思います。

 

さて、そんな大分県の田舎町に、純粋鹿児島産の私がたどり着いたのは、

これぞ「運命」の出会いでした!

と、書きたいところですが、たどり着いたのは「たまたま」。

たまたま、どんぶらこと流れ着いた、という表現がぴったりです。

憧れをもって移住してくる人も多い土地です。

その中で、むしろ、観光地に暮らすことに否定的だった私は、

「あーぁ、なんだかなぁ。人も多いしなぁ。まぁせっかく就職したし、1、2年働いたら実家に帰るなり、違う町に行こう。」そう思いながら、この町にやってきました。

ゆえに、この町で何かを成すぞ!地域に溶け込むぞ!なんていう気負いは全くなく

この町で暮らす始まりは、とてもユルかったのです。

 

 

町の中心部は観光地でもある。週末には人でいっぱい。

▲町の中心部は観光地でもある。週末には人でいっぱい。

 

そうはいっても最初の数年間、私はいろいろな地域の行事に参加することになります。参加するといっても、お客さん側ではなくて実行する側で、です。

うちの町では年間を通して、イベント、祭りなど、にぎやかなことに事欠きません。さらに、こうゆうことに積極的に参加させる職場の雰囲気もありました。勤務時間に掛かる場合は、早退やお休みをとることもできました。

 

温泉祭り、文化記録映画祭、音楽祭、蝗攘祭、映画祭、こども映画祭、こども音楽祭、牛喰い絶叫大会・・・(ここから後は、総称して「祭り」と書きます)

大きな祭りの間にも、ギャラリーや旅館で行われる小さい交流会や演奏会など、本当にありとあらゆる祭りがあるわけです。

 

祭りのひとつ、「牛喰い絶叫大会」

▲祭りのひとつ、「牛喰い絶叫大会」

 

どれに関わってみても、目新しい体験ができたし、祭り自体が面白かったです。

そして何よりも、こうゆう場で地域の人たちと出会えたというのは大きかった。

これが、地域で祭りをやる最大の意味・効果じゃないかとさえ思っています。

 

なぜって?

祭りで出会った人たちが、私がこの町で暮らし続けている大きな理由になっているのです。

 

もちろん、祭りをやるからには祭りを成功させることが第一!!なわけで、夜な夜な集まり、打ち合わせをし、準備作業をします。その、夜な夜な準備が、相手を知る大事な時間になっていました。黙々と作業してるだけじゃないですよね。

自分のことを話したり、相手の考えていることを聞いたり。時期によっては町の選挙や市町村合併について、白熱した深夜もありました。もちろん、飲み会もやたらとある。

そんな時間が、ただ知り合うよりも、もっと濃い人間関係をつくる大切なポイントになっていたのです。

 

町を歩けば、必ずと言っていいほど知り合いに会い、挨拶を交わす。

そんな些細なことが、この町で暮らす実感になっていきました。

祭りが終わっても、人間関係は続きます。

 

牛喰い絶叫大会の後は、スタッフ皆で大宴会!自分たちも楽しみます。

▲牛喰い絶叫大会の後は、スタッフ皆で大宴会!自分たちも楽しみます。

 

「楽しい仲間たちと、もうしばらくこの町で暮らしてもいいかな。」

そんな思いが毎年更新されて、12年。

 

美味しい水と空気と食べ物。これは「いなか」に行けばけっこうある。

身体を休める温泉。これも、言ってしまえば他の町にもある。

けれども、

我が町にしかないもの・・・それは、何物にも代えがたい、「楽しい仲間たち」なわけです。

 

親戚縁者も友人もいない田舎で、こうやって「縁」や「所縁」というものができました。

 

さて、次回は、そうやってできた縁や所縁を総動員して

いなかで、自分で仕事を始めてしまったお話でもしましょうか。

ではまた、お付き合いください。

 

(※全部の祭りに関わると忙しすぎて体がもたないので、現在は、がっつり実行する側で関わる祭りは5つほど。でもぜーんぶ応援してます!)

 

 

 

 


▼コメントをどうぞ