旧高知駅、最後の一日【ドキュメンタリー後編】

2013/01/04

 

旧高知駅の最後の一日を綴った(つづった)、

高知県民の心の奥をちょっぴり刺激するコラムの後編。

 

 

旧高知駅、最後の一日

 

前篇を見逃した方はぜひ前篇からどうぞ。

https://inaka-pipe.net/20121012/

 

 

 

 

 

 

前回の記事にたくさんのコメントと「いいね」をいただいて、

予想以上の反応に正直ビックリした。

 

と、ともに、

旧高知駅に愛着を持っている方が、

こんなに沢山いたんだな~と、

改めて実感した。

 

当時、

駅に数時間滞在して、

やけに細かいところまで写真を撮っている姿は、

やや怪しかっただろうけど、

そんな人目を気にせず写真に収めておいて、

本当に良かったと思う。

 

 

旧高知駅、最後の一日

 

 

では記事の本文へ入ろう。

先に言っておくけれど、

今回も・・・長いよ(笑)。

 

 

 

 

 

旧高知駅の最後の朝を見守った僕は、

そのまま職場へと向かった。

 

最後の日の朝の風景

(最後の日の朝の風景)

 

 

はっきり言ってその日は、

仕事のことは二の次で、

頭の中は「晩に再び高知駅に行く」ことしか考えていなかった。

 

「今日は早く終わらせて帰ろう!!」

と、一日中気合いが入っていたことを覚えている。

 

 

 

仕事が終わり、

再び高知駅へと戻ってきたのは、

21時半だ。(←気合いが入っていた割には遅い。)

 

 

旧高知駅

 

 

半日ぶりに見る高知駅は、

もうすっかり暗くなって夜の姿である。

 

 

夜の姿

 

 

いつもと変わらぬ夜の姿に見えるが、

もう明かりのつくことのない2階の窓や、

開くことのないシャッターなどを見ると、

一足先の終わりを感じて少し物悲しくなった。

 

高知駅の最後

 

 

高知駅を利用する人たちの姿は、

いつもと変わらないように見えた。

 

 

駅に足を運んでくる人々

 

 

いや、やっぱりこの日は少し違った。

時間が経つにつれ、

去りゆく高知駅の姿を一目見ようと、

駅に足を運んでくる人々の姿が目に留まった。

 

 

高校生と、お母さん

 

 

高校生と、お母さん。

こういう行動をとれる親子っていいなぁと、

ちょっと感心してしまう。

 

 

高知駅の最後の姿を写真に撮っていた

 

 

 

この日ばかりは、

写真マニアや鉄道マニアという人たち以外の、

ふつうの人たちも、

高知駅の最後の姿を写真に撮っていた。

駅をバックに記念撮影をする人たちもチラホラ見かけた。

女性の姿が多かったのが、ちょっと意外だった。

 

 

余談だけど、

写メを撮る姿が、

みんなスマホじゃなくて折りたたみ式の携帯だというところに、

5年近く経過した月日を感じる。

 

 

 

 

 

 

 

少しずつ、

終わりの時間が近づいて来た。

 

 

終わりの時間が近づいて来た

 

 

この日の終電…つまり、

旧高知駅最後の列車は、

23:00発、須崎行の普通列車だ。

 

待合室

いつの間にか待合室のテレビは消え、静まり返っている。

徐々に生気が失われていくような感覚だ。

 

このまま少しずつ、

静かに終わりを迎えて行くのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

…と、思っていた。

 

しかし、

実際はそんな感慨に浸るどころではなく、

高知駅は時間を経ると共に、

賑やかに…いや、

慌ただしくなっていった。

 

 

 

慌ただしくなる高知駅

 

 

まだ終電も終わっていないにも関わらず、

たくさんの作業員が現れて、

作業にとりかかっている。

 

 

お役目を終えたホーム

 

 

 

 

窪川方面の電車が終了し、

お役目を終えたホームは、

その瞬間から大胆にホームの一部が解体され、

新高知駅へと通り抜ける通路の貫通作業が急ピッチで行われた。

 

 

まだ終電は終わっていない。

 

最後の役割を全う(まっとう)しようとしている高知駅が、

生きながら解体されて行く。

 

その姿を見て、

「えー。ちょっと待ってよ…。」

と言いたい気分だった。

 

 

 

解体作業

 

でも現実は、

僕がそんな感慨に浸っているような悠長なものではなく、

明日の朝までに突貫作業を終えなくてはいけないため、

作業員の皆さんは、必死だ。

 

さっきまで列車が走っていた線路も、

手際よく切断されていった。

 

 

 

その一方、

最終電車が発着するホームも、

徐々に賑やかになっていく。

 

 

最終電車が発着するホーム

 

工事の作業員。

マスコミのカメラ。

最後の姿を見守る人々。

 

 

そしてついに、

最後の列車がホームに到着した。

 

最終電車が到着

 

 

テレビカメラ用の照明がいくつも照らされ、

いつもと違う特別な時間が流れる。

最後の時を予感させる賑やかさがあり、

多くの人たちが最後の時を見守っている。

 

 

 

 

 

 

 

…いや本当にそうだろうか?

 

一時代を担った「高知駅」というがランドマークが臨終の時を迎える際に、

集まったのがこれだけの人数というのは、

少し寂しい気もする…。

 

『ありがとう高知駅』なんていう横断幕もなく、

華やかな引退セレモニーもなく、

そこそこの人数に見守られながら、

感慨と喧騒とが入り混じる中、

ひっそりと高知駅は終わりの時を迎えようとしていた。

 

 

 

最終電車

 

 

 

 

 

 

そしてついに…、

 

 

 

 

最終電車が発車

 

 

最終の列車が、

いつも通り須崎に向けて走り去って行き、

旧高知駅もその最後の役割を終えた。

 

 

旧高知駅の線路

 

 

もうこの線路にもホームにも、

列車が現れることはない。

 

 

「あぁ、終わったんだなぁ。」

 

 

「もったいないなぁ。」

 

 

「さようなら、高知駅…。」

 

 

失ってしまう価値の大きさに脱力し、

何とも言われぬ喪失感を感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だがしかし、

故人を偲ぶような気持ちで傷心気味な僕の目の前で、

さらに現実は否応なしに進んでいく。

 

 

作業員

 

 

終電を送り出し、

気にせず作業が出来るようになると、

夜を徹しての突貫工事はここから本気モードに突入していく。

 

 

あちらこちらで、けたたましい音が鳴り響く。

 

 

券売機の前に重機

 

券売機の前に重機が並ぶという、

絶対にありえない光景が目の前に現れ、

感慨や感傷がどっかに吹っ飛んで行く。

 

 

解体工事

 

 

つい10分ほど前まで高知の玄関口だった高知駅が、

あっという間に解体工事の工事現場に様変わりである。

 

 

改札口

 

 

手改札の味わいがあった改札口も、

大きな音を立てながら重機で引きはがされていく。

1つ、また1つと…。

 

 

壊された改札

 

 

原型をとどめず無造作に転がされていく改札を見ていると、

大切なものを傷つけられていくようで、

なんかちょっと泣きそうになった。

 

 

全て取り払われた改札

 

 

ものの1時間ほどで、

改札は全て取り払われて、

何もなくなってしまった。

 

 

改札がなくなると、

なんだか駅から魂が抜けてしまったように感じた。

 

 

工事を最後まで見届けようかとも思ったけど、

サラリーマンは明日も朝から仕事だ。

 

それに、改札がなくなった時点で、

なぜだか急速に興味が薄れて行った。

 

薄情だと思われるかもしれないが、

「もう終わっちゃったんだなぁ」と、

受け入れてしまったからだろう。

 

 

だから、

僕はほどなくして高知駅を後にした。

駅を出ると、

 

 

高知駅の看板

 

 

高知駅の文字は既に消えていた。

 

 

 

 

 

 

旧高知駅の最後の一日は、

こうして幕を閉じた。

 

 

 

おつかれさん、高知駅。

ありがとう、高知駅。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌朝。

 

 

寝不足とともに、

「旧高知駅がなくなってしまったんだなぁ」という喪失感のため、

少し気怠い(けだるい)感じで目が覚めた。

 

 

朝のニュース番組では、

「今日から新しい高知駅がオープンしました!」

という華やかなニュースを、

どこのテレビ局も伝えていた。

 

関心はあるはずなのだけど、

不思議とそこまで興味がわかなかった。

 

 

その代わりに、ふと思った。

「昨晩、あれだけテレビカメラが来ていたが、

旧高知駅の最後の姿は、

果たしてどれほど放送されたのだろうか?」

 

 

 

 

時代は新しいものを歓迎する。

新しいものは新しいというだけで価値がある。

 

でも、

多くの人が気付いているように、

新しく入れ替わっていくだけが、

豊かさを積み上げていくことにはならない。

 

今あるモノの価値や、

去りゆくモノの価値も、

見逃さずに気付いて継承することが出来れば、

もっと本質的に豊かになれるのではないかと、

思うのである。

 

 

中途半端に古くてオンボロで、

大して価値のないように見えるモノの中にも、

見逃してはいけない価値がある。

 

そんなことを、

旧高知駅に学ばせてもらった気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

================ 後日談 ==================

 

 

 

その週末に、

再び高知駅を訪れた。

 

「旧高知駅はどうなっているのだろうか?」

と思いながら。

 

 

 

1週間後の旧高知駅

 

パッと見た感じでは、

駅前の様子はそんなに変わってはいなかった。

 

とはいえ、

よく見ると、ところどころに変化があった。

 

あの「高知駅」という文字は、

黒いシートで覆われていた。

 

 

1週間後の旧高知駅

 

 

案内表示もすべて隠され、

自動販売機なども撤去されていた。

すっかり生気はゼロである。

 

 

 

あの改札口はというと、

 

 

改札口は新高知駅へと通り抜ける通路

 

 

新高知駅へと通り抜ける、

ただの通路となっていた。

 

 

改札口があったところ

 

 

ホームがあったところは撤去され、

線路の上に砂利が敷き詰められ、

アスファルト舗装の通路が作られていた。

 

 

旧高知駅

 

 

ホームの解体は引き続き行われていて、

重機が線路の真ん中にまたがり、

少しずつ旧高知駅を取り壊していた。

 

 

通りかかる人たち

 

 

通りかかる人たちは、

足を止めてその姿を眺めたり、

写真を撮っていた。

高知駅をバックに記念写真を撮る人も多かった。

 

 

みんな、もの珍しそうに、

ついこの前まで線路のど真ん中だった場所に立ち、

使われなくなった旧高知駅を、

それぞれの思いで眺めているようだった。

 

線路があった場所に立つというのは、

足を踏み入れてはいけない場所に立っているような、

なんとも言えない不思議な感覚があった。

 

 

 

 

僕が旧高知駅を写真に収めているのは、

3月6日に撮った下の写真が最後だ。

 

もともと通勤などで駅を利用する用事もなかったので、

その後の写真は特に撮ってない。

 

高知駅の解体作業

 

 

 

 

さて、

前後編2回に分けて長々と書いた旧高知駅の記事も、

これにて完結。

忘れかけていた旧高知駅を少し思い出して貰えただろうか?

 

 

『「そういえば昔の高知駅ってこんなのだったよね。」と、

将来懐かしんで見て貰えるように、

高知県民のためのライブラリーとして、

細部まで写真に撮っておこう。』

 

というコンセプトで撮り溜めた写真なので、

無事に発表することが出来てホッとしている。

 

 

 

まだまだ写真はたくさんあるのだけれど、

「どこ?ここ?」と首を傾げ(かしげ)たくなるような、

マニアックな写真も多いので、

自主規制してこのくらいにしておこうと思う。

 

 

とはいえ最後に、

忘れてはいけない2階『高知駅デパート』の、

営業中で生気あふれる姿を見て、

締めくくりたいと思う。

 

 

上り口の階段とエスカレーター

(上り口の階段とエスカレーター)

 

レストラン入口

(レストラン入口)

 

レストランの席から見える景色

(レストランの席から見える景色)

 

レストラン座敷。

(レストラン座敷。)

 

お土産物売り場

(お土産物売り場)

 

高知と言えば、お酒売り場

(高知と言えば、お酒売り場)

 

名物 芋けんぴ

(名物 芋けんぴ)

 

沢山の人で賑わう高知駅デパート

(沢山の人で賑わう高知駅デパート)

 

お土産を買ったら、いざ高知を出発!

(お土産を買ったら、いざ高知を出発!)

 

 

 

 

おしまい。

 

 


▼コメントをどうぞ