鈴木的、浜日記

2016/11/11

 今回は、一つ一つは小さいけれどぜひみなさんに共有したい浜でのちょっとした面白エピソードや、「イマ、ココ プロジェクト。」の参加者達の様子を日記風にお届けします!

 

○月×日

 この日の作業は、牡蠣のまわりにたくさん付着しているムール貝やフジツボなどを取り除く作業。この浜の辺りでは「カチャカチャ」と呼ばれています。漁師さんによると、震災前はこんなにムール貝がつくことはなかったそうですが、津波で海の中がかき回されて生態系が変わってしまったのだとか。

 

カチャカチャ

 

○月△日

この日は「イマココ」参加者がちょうどお昼休憩をしているときにお邪魔しました。

 

お家の設計図を漁師さんから見せてもらっているところ

 

 何やらわいわい賑やかだなと思って近づいてみたら、高台に新しく建てるお家の設計図を漁師さんから見せてもらっているところ。この漁師さんは「震災後たくさんの人にお世話になったから、今度建てる家はそういう人たちがまた浜に来たときに泊まらせてあげるための部屋も作るんだ♪」とずっと前から嬉しそうに話していました。それがいよいよ形になろうとしています!

 

車上荒し

 

○月△日

 楽しそうな声につられてつい窓を開けたまま車から離れたのが間違いでした。なんと人生初の車上荒しにあいました。ただし、お財布など金目のものは残されていました。

 では何がなくなっていたのか……それは…… アップルパイとカレーパンっっっ 私のお昼ご飯になるはずのものでした。

 こんなことをするのはただ一人!いや、一匹!犯人は、おまえだーーーー!!!

 

猫

 

 はい。猫です。この浜に住みついている、通称「おごご」。一人の漁師さんがとても可愛がっている猫ちゃんです。そして、この「おごご」、つい最近出産したばかりなんですね。なので近頃はもっぱら浜の中を歩き回ってはえさを見つけて子猫のところに持っていったり、ご飯をくれそうな人の前でこうやって可愛くおねだりしてくるのです。

 

が、まさか20cmくらい開いていた車の窓から中に入り込み、きれいにパンだけとって逃げていくとは…!猫の身軽さなめてました(;▽;)

 

ホタテの稚貝の選別作業

 

選別ふるい

 

○月●日

 こちらはホタテの稚貝の選別作業をしているところ。白い穴からすり抜けずに残ったもので、さらに形がいいものだけが養殖に使われます。

 このザルのようなものは横に14や16といった数字が書いてあり、それによって穴の大きさが違います。漁師さんたちは必要に応じて使い分けている様子。

 

ホタテの稚貝

 

 ホタテの稚貝ってきれいですよね。大きさとしては2cmもないくらい小さいのに、色も柄も一つ一つ違うんです。そして、こんなに小さいのにみんな水の中で元気に泳ぎ回るんですよ♪

 

小石詰め

 

○月▽日

 全く関係なさそうに見えますが、これもれっきとした漁業のお仕事。小さめの袋に小石をずんずん詰めていき、養殖で使う網などを固定するための重しにします。漁業って意外と、丘での作業が多いんです。そして地道。だから普段身内だけでこつこつ作業している中で、時々こうしてイマココ参加者のような「外」から来た人が入るだけで、作業がはかどるだけではなく漁師さんたちにとっては気分転換にもなるんです。

 そして「ホタテや牡蠣ってこんなに手間暇かけて作られているんだ!」と知ってもらうことで、仕事へのモチベーションにもなるんですよね。なかなか日が当たりにくい一次産業の現場。漁師さんたちにはぜひ、もっともっと胸を張って欲しいなと思います。

 

 

○月■日

 石巻の沿岸はリアス式海岸になっているため、とてもくねくねとした山道が続いていて、海の近くを走っているという感じはあまりしません。ですが、木々の間から時々チラッと姿を見せる海が、とてつもなく綺麗だったりします。それはもう、見た瞬間に目を奪われて胸がどきどきして、その一瞬、頭の中にあったすべてのことがどこかにいってしまうくらい。頭も心も透明になる感覚。

 

リアス式海岸

 

 そしてその何秒後かに頭と心が現実に戻ってくる時には、さっきまでなかった少しの「空間」を残していってくれるんです。その「空間」があると、いつもよりもちょっと優しくなれたり、冷静になれる。そんな力を、自然は持っています。

 石巻へ移住してきたばかりで慣れない土地と慣れない仕事に四苦八苦していた頃も、この自然の力に何度も助けられました。

 一時期東京に住んでいたころ、休みの日に気分転換で出かけたはずなのに家に帰ってくる頃にはくたくたに疲れてしまっていたような私には、この自然の力が必要なんだなと思います。

 

 だから、自然と共に生きる漁師さんたちと、海の近くでお仕事をさせてもらっている今の生活は、私とってすごく贅沢。こんな生活をしていると、もっともっと「贅沢」したくなっちゃうんですよね。そしてその「もっと贅沢をしよう計画」、実は少しずつ動き出していたりして。早くここでもお知らせしたいな~♪♪ 今からとってもワクワクしておりますっ。

 

 そんな欲深き鈴木が、事務局をしている「イマ、ココ プロジェクト。」はお盆と年末年始以外休まず参加者を募集しております!漁村に滞在しながら漁師さんのお手伝いをする7日間は、私的にはかーなーりっ贅沢です。みなさんも、贅沢、しませんか??

 詳細・お申し込みはコチラから!「イマ、ココ プロジェクト。

 

 

FacebookTwitterLine

▼コメントをどうぞ