多拠点居住地の一つとして「いなか」はいかが?!

 こんにちは!いなかマガジン記事を書くのは久しぶりだなー!というササクラレオです。

 今日は、いなかパイプとは別に、個人・佐々倉家で始まっている新プロジェクトを紹介したくて、記事を書きました。

 僕は、人生、プロジェクトだ!と思っていて、仕事のプロジェクトのみならず、一生続く「結婚プロジェクト」・「子育てプロジェクト」と思って取り組んでおり、その一生続くシリーズの第3弾として、「家プロジェクト」が始まっています。

 

 そこで、現在クラウドファンディングをやっていて、しかも、クラウドファンディング会社を活用しない、自力での取り組みでやっているので、応援して欲しい!というのもあるのですが〜

自力クラウドファンディング!こいのぼりHouse会員になって応援してください! (9月8日まで)

 →ちなみに、9月8日までなので、記事を読んで応援してやろう!という気になったらぜひ応援してほしい!

 

 それだけじゃなくて、この取り組みを自分の友達以外の人たちにも伝えたい!と思ったのでいなかマガジンにしたためたいと思います。

 

こいのぼりHOUSE

 

多拠点居住をやっている・やってみたいみなさんに出会いたい

 いなかマガジンにわざわざ記事を書いているのは、まだ出会っていない方と出会えたらいいなーと思うからです。
 そして、今回、出会いたいと思っている人は、多拠点居住をやっていたり、そういう暮らしをやってみたい方。

 というのも、多拠点居住の家の1つとして、佐々倉家が現在整備している家「こいのぼりHOUSE」を活用しませんかー?と思うからです。わかりやすく言うと、別荘的な感覚で、セカンドハウスとして、高知・四万十の「家」はいかがですか~?というご提案。

 

「こいのぼりHOUSE」とは

 

 高知・四万十川のほとりに、家を3つと約3000㎡の畑を構え、みんなのセカンドハウスとして「こいのぼりHOUSE」をつくりました。

 子ども連れで、長く滞在できる家
 遊んだり、仕事したり、やりたいことができる家
 人と人が出会って家族のようになれる家

 そんなセカンドハウス&コミュニティをみんなで一緒につくりたい!そして古民家と土地を使った、次の時代の「いなかコミュニティ」のあり方を集まった人々と模索したい!という活動の拠点となるのが、「こいのぼりHOUSE」です。

 もちろん、僕たち佐々倉家も住んでいます。

 

佐々倉家

雑誌「ソトコト」に掲載された写真

 

 ゲストハウスはあるけれど、子どもが小さいうちは夜泣きしたりして、回りのお客さんに気をつかうし。ホテルや旅館は、家族連れだと高額になるから連泊できないし。
 佐々倉家が子連れで仕事や旅行する中で気になるのはこんなところで、この「いなか」にはなかなか家族連れの長居できる場所がないので、そういう家を作ろう!というのが始まり。

 

こんなところにあります

 

図面

間取りはこんな感じ

 

ただ泊まるだけじゃなくて、いなかコミュニティをつくりたい

 

 ただ人を泊めたいだけならば、そういうゲストハウスにすればいいんですが、たくさんの人に泊まってもらって、入れ替わり立ち代り新しい出会いが欲しいわけでもない。
 浅く広い関係性ではなく、狭く深い関係性の人や家族とつながり、つながり続けたいなーというのが佐々倉家の考え方。なので、ゲストハウスではなく、会員制の家として運営していこうとしています。

 年会費を払って、そのお金は会費というよりは、コミュニティ維持費。そのお金で、土地や関係性を維持していくようにしたい。
 そして会費を払った人が、年間好きなときに来て、好きなだけ泊まれるような。

 ずっと居座る人、住む人が現れたらどうするの?!という心配もあるだろうけれど、そこは人間と人間の関係だから、対話を通じて、やりとりしてお互いが居心地がよい方法を編み出せるようにしていきたいと思っています。

 

こいのぼり川渡し

この地域はこいのぼりの川渡しの発祥の地で、写真中央左に見える家が「こいのぼりHOUSE

 

こんなコミュニティが、未来のいなかを救うのか?!

 

 僕の個人的な関心は、既存の集落に属している人たちだけでの集落維持に、将来的に難しさを感じているので、既存の集落に暮らす人たちを尊重しながらも、その応援団として、地縁も血縁もないような人たちも、地縁に関わりながらコミュニティの一員として暮らしていけるような、コミュニティのあり方を模索したいと考えています。

 「いなか」に暮らしていると、移住世帯は孤立したり、つながりが薄くなるな~というのを感じます。また、既存の地縁組織の限界も見えて来ています。
 地縁だけでは維持できない集落もでてくると思います。そんなとき、地縁・血縁はないけれど、地縁がある人と同じくらい土地のことを思い、関わりたいと思ってくれる家族がいたら、集落も維持できるのではないか?!その家族もつながりができて楽しいのではないか?!
 そんな仮説を持ちながら、身をもって新しいコミュニティづくりを実験してみたいと思っています。

 この結果は、10年、20年?30年?後にわかるのか、わからないのか?!というレベルだと思うけれど。「いなか」に暮らす者としての未来へのチャレンジとしてやってみたいと思っています。

 

開墾作業

裏の畑を開墾作業中

 

こんな「こいのぼりHOUSE」を多拠点居住地の1つとして活用しませんか?

 

 この記事を読んでくれている「とかい」に暮らす人たちに使ってもらったらなーと思っています。
 高知・四万十まで来るの自体、なかなか大変なことだけれど。ずっと住んだり、通ったりは難しいとは思うけれど、年に1回1週間だけ遊びに来るとか。年間の内、1ヶ月だけは四万十に暮らそうとか。
 そんな感じで、点々とする多拠点居住者のみなさんに、活用してもらって、僕たち家族もそんな人たちと出会って、つながれたらいいなーと思っています。

 

 また、泊まりに来るだけでなく、オンラインでも定期的に家族会議を開いたりして、悩んでること・困ってること・やりたいこと・どーでもいい何気ない話などなど、気軽に話せる関係の家族が、日本全国・世界各国に散らばっていて、つながりあっていて、お互い行き来し合っている状態がつくれたら楽しいな~と思っています。

 そんな多様な関係性の中で、子ども達を育て、日本全国・世界各国へそのつながりをたどって、行き来し始めたら最高の人生になるのではないか?!とも思ったり。

 そんな関係を僕らと一緒につくりたい!とか、こいのぼりHOUSEを活用を検討したい!という人はぜひご連絡くださいませ~

 FB: https://www.facebook.com/koinoborihouse
 メール: koinobori.h@gmail.com(@マークを小文字にかえてメールください)

 改修工事

手前の古民家ハウスを改修中

 

自分たちのお金でやろうと思ってたのに、やれなくなった!

 こんな個人的な取り組みだから、自分達で借金して、場を整えてやるつもりでした。
 けれども、いろんな不運が起こって(詳しくはこちら)、お金が足りなくなってしまいました。個人でも、会社でも銀行から借りられるだけのお金は借りている状態での資金不足だから、もうクラウドファンディングしかない!と意を決してクラウドファンディングをはじめたわけです。

 以下のとおり、会員になってもらって応援してください!という趣旨です。
 こいのぼりHOUSE使うよ!っていう方は、ぜひご応募お願い致します!

――――――――――――――――
▼会員の種類は以下の通り
――――――――――――――――

■A)おんちゃん&おばちゃん会員 1万円~ または 家電&備品スポンサー募集!
 「たぶん泊まりに行けないけれど、応援するよ~」という方はこちら

■️B)じいちゃん&ばあちゃん会員 36万円〜 いくらでも
 「ほしいものでも買いなさい~ 子どもたちの顔見せてね」という方はこちら

■C)にいちゃん&ねえちゃん会員 36,000円/年・世帯
 「泊まりに行くよ〜」という方はこちら

■D)とうちゃん&かあちゃん会員 36,000円/年・世帯
 「泊まるだけじゃなく、オンライン&オフラインでのコミュニティ活動に加わりたーい」という方はこちら

――――――――――――――――
▼会費の使い道
――――――――――――――――

 「こいのぼりHOUSE」をつくるにあたって借りられるだけの借金をし、自力でやっていくつもりで進めていました。しかし、計画が遅いから〜と計画進んだ後に借入金額を120万減らされたり、予定していた空き家改修補助金180万を住所を移したから〜と申請できなかったり。家具や家電など備品を買うお金も足りなくなったり、などなどありえない不運に見舞われ(さすが厄年!)、な、なーんと!あと400万円くらい足りないことになってしまいました!汗
 当然、今後の運営にもお金がかかっていくわけで・・・、最初は自分達だけで整えスタートさせるつもりが、神様のお告げか?!やはり、最初から多くの方々に応援してもらわないと、「こいのぼりHOUSE」の活動はするべからず!ということのようです。
 ということで、いただいた会費によって、古民家の改修を無事完了させ、快適に活動できるようにするため家電を買い、布団などの備品も買いたい。そして、さらにお金が集まるならば〜 もう1棟ある空き家を解体し広いお庭をつくりたい!
 そして、毎年年会費によって、運営できる「こいのぼりHOUSE」になりたい!と考えています!

【目標金額】総額 500万円!

Step1 300万円 工事完了レベル
Step2 100万円 家電が整い最低限快適になるレベル
 ーエアコン3台、リビング用エアコン1台、冷蔵庫、洗濯乾燥機、寝具セット
Step3 100万円 贅沢空間をつくれるレベル
 ー空き家解体+庭づくり

――――――――――――――――
▼会員になってくださったお礼として
――――――――――――――――

■A)おんちゃん&おばちゃん会員 のみなさんには
 ○永久会員として、「こいのぼりHOUSE」に名前を刻ませていただきます。
 ○家電&備品スポンサーになって下さった方は、その家電に名前を刻ませていただきます。
  欲しい家電→ https://kakaku.com/pickuplist/ListNo=25170/
  欲しい寝具→ 布団 https://bit.ly/2lPEgvf
         マットレス https://bit.ly/2kqjuSz
 ○ぜひ1度、家族で泊まりに来てください!(要予約)

■B)じいちゃん&ばあちゃん会員 のみなさんには
 ○永久会員として、「こいのぼりHOUSE」に名前を刻ませていただきます。
 ○記念樹を植えさせて頂いて、その木に名前を刻ませていただきます。
 ○年1回、泊まりに来たいときに、家族で泊まりに来てください!(要予約)

■C)にいちゃん&ねえちゃん会員 のみなさんには
 ○年間泊まりに来たいときに家族で泊まりに来てください!(要予約)

■D)とうちゃん&かあちゃん会員 のみなさんには
 ○年間泊まりに来たいときに家族で泊まりに来てください!(要予約)
 ○オンライン&オフラインでの定期的なコミュニティ活動を一緒にやりましょう!

――――――――――――――――
▼会員募集 応募締切
――――――――――――――――

9月8日(日) 23:59

――――――――――――――――
▼オープン目標!
――――――――――――――――

9月28日(土) お披露目会 予定
ー万が一、工事が終わってなかたら延期します!

●ぜひみなさんお越しください
●この日以降、お泊まりの予約を受け付けます。

――――――――――――――――
▼お問い合わせ・応募受付
――――――――――――――――

▼こちらの応募フォームからご応募ください
https://forms.gle/a3rhVB9xiBEL4ukPA

●細かいことを確認したい人は、直接ご連絡お願いします!

 FB: https://www.facebook.com/koinoborihouse
 メール: koinobori.h@gmail.com(@マークを小文字にかえてメールください)

 


▼コメントをどうぞ

    • 農山漁村で働ける!いなかマッチ!詳しくはこちら

    • 佐々倉玲於