限界集落の慌ただしい一ヶ月

2012/11/08

いなかパイプへの投稿が1ヶ月に1度。

畑山は、限界集落で人は少なくても、

怒涛のような1ヶ月を過ごした感じ…。

 

何を書こうか迷ったので、

1ヶ月を振り返ってみます。

 

某日。

安芸川

アユ漁盛んな安芸川はご覧の流れ。

畑山に初めて来た時に感じた水の清らかさは

今も多くの観光客を魅了しています。

 

畑山線では珍しいことではないけれど

道路の拡幅工事をするために

1時間に10分しか通行できない場所が2箇所あり

待ちぼうけを食うことが多々あるこの場所。

車の中で待っていてもつまらないので

10ヶ月の息子尚太郎を連れて散歩がてら撮影しました。

 

マイナスイオンたっぷりで好きな場所

 

大きな魚道のある堰も近くにあります。

水音が凄く、マイナスイオンたっぷりで好きな場所です。

 

 

某日。

土佐ジローのちりめん丼

畑山温泉の食堂メニューに新たに

土佐ジローのちりめん丼を加えました。

 

安芸市には、ちりめん丼楽会があり、

売り出し中です。

この度、畑山温泉も仲間に加えていただき

うちらしいメニューとして作ってみました(^^)

畑山産のごはんに、安芸産のちりめんを乗っけて

土佐ジローの生卵を落として、ポン酢などで食す。

朝ごはんによく食べてたんですが

ちりめん丼楽会の会長さんの声掛けで、

晴れてメニューとして登場しました♪

現在、安芸市内にあるちりめん丼提供店を巡る

スタンプラリーも開催中です☆彡

 

 

某日。

柴栗、柚子、アケビ

柴栗に、柚子、アケビが届きました。

近所のカネ君は、季節ごとの山の幸を届けてくれます。

滅多に喋らないカネ君ですが、植物にはとても詳しく

何か分からない植物があれば、たいてい教えてくれます。

 

 

某日。

畑山ファンの女子が 毎年、友だちをたくさん連れて遊びに来てくれます

畑山ファンの女子が

毎年、友だちをたくさん連れて遊びに来てくれます。

・・・で、宴会。

メンバーは毎回異なりますが、

この内の何人かは、次は家族や別の友だちを連れて

土佐ジローを食べるため、都会から足を運んでくれます。

土佐ジローを食べるため、都会から足を運んでくれます

 

 

某日。

高島屋さんのカタログギフトが到着。

春ごろから準備を進めていた「土佐ジロー鍋セット」が

晴れて高島屋さんのカタログギフトに掲載されました。

 

高島屋さんのカタログギフトに掲載された「土佐ジロー鍋セット」

 

予想以上の扱いにびっくり(゜o゜;

中旬には、販売がスタートし、

はたやま夢楽にとっては、順調な滑り出しとなっています。

 

某日。

ことしで6回目となる

日本興亜損保さんと「はたやま夢楽実行委員会」との

協働の森林事業を行いました。

 

ことしは40名ほどの参加をいただき、

初日は、山に分け入り

間伐や枝打ちをしていただきました☆

 

夜は、もちろん土佐ジロー料理で大宴会。

6年前から参加してくれているクンペイさんも

ことし初めて参加した東京の人も

皆で楽しい夜を過ごしました。

 

翌日は、みんなで柚子の収穫体験。

初めて触る柚子の木々。

バラをよけつつ、ハサミを使ってぱちぱちと摘み取っていきました。

柚子の収穫体験

 

某日。

我が故郷、宇和島からハマチが到着。

宇和島からハマチが到着

 

持つべきものは、一本釣り漁師のトモダチ…。

畑山に来て海の魚にありつく機会が激減したけれど

時折、こうして丸々一本届くのだから、嬉しい。

 

で、はたやま夢楽のスタッフ+@で宴会をすることに。

限界集落といえど、何かするというと

10人は軽く集まる畑山。

宴会

 

山のモノは、まだ料理できないものも多々あれど

海のモノなら料理できる海っ子の私。

刺身に、あら炊き、

しゃぶしゃぶ、カマ焼き…

皆でわいわい。美味しい魚にお酒も進みました☆

 

某日。

小学校へ土佐ジローの出前授業へ出かけました。

小学校へ土佐ジローの出前授業

これ、高知県の事業で

年に何度かお呼ばれして、

土佐ジローがどのように育つのか、

どんな味なのかを知ってもらうための講座を2時間行います。

 

1時間は座学で、

もう1時間は

実際にお肉と卵を試食してもらいます。

そして、土佐ジローのことに詳しくなった小学生たちは

「土佐ジロージュニア博士」に認定されるのです。

 

 

某日。

土佐ジローの串焼きイベント出店

 

天高く馬肥ゆる秋

県内各地、イベントが盛りだくさんです。

はたやま夢楽も、この季節は毎週のように

「土佐ジローの串焼き」を引っさげて出稼ぎに行きます。

 

営業部長の尚太郎

 

営業部長の尚太郎も一緒に。

 

はたやま夢楽のエース慎ちゃん

 

左は、はたやま夢楽のエース慎ちゃん。

高知市内から畑山へ通って、仕事を手伝ってくれるようになり

数年前に、空き家を見つけて今は畑山暮らしです。

鶏の世話も、鶏さばきも、県道の草刈りも、焼き鳥も

なんでもこなすエースです。

 

右は小松家の三男坊・茂さん。

長年、大阪ガスで働いていたけれど

「土佐ジローを一緒にやる!」と

数年前に畑山へ戻ってきてくれました。

卵部長兼イベント部長。

我が家の愛犬サムや愛猫を一番可愛がるひょうきん者ですが

尚太郎の扱いも同じなのがたまに…(-_-;)

 

 

溝掃除もプロ並

最近はこんなユンボをおもちゃに手に入れたので、

県道の溝掃除もプロになってきました。

この日は、土砂で埋まってしまった谷から土砂をかき出してました。

*    畑山は水道がないので、水は自分たちで確保してます。

写真右上にあるタンクは鶏舎用の水タンクです。

 

 

某日。

東京は立川へ行ってきました。

初めての店頭販売

 

福島屋さんというスーパーで初めての店頭販売をしました。

 

味見をしてくれたお客さんが

「なに、これ」

「本当に塩だけでこの味になるの?」

「今日は贅沢しようかしら…」

「そんなに丹精してるなら、この値段も当たり前よね」etc.

そんなことを言いながら、買い物カゴに入れてくれて

2日で持っていった約15kgの土佐ジロー雄若鶏肉が完売!!

 

出発前にとある人から

「高いものは売れるって言うてものぉ・・・。ま、撃沈して来いや」

と言われたので、私の勝ち気が頭をもたげてきて…^^;

「絶対、売ってやる〜!」と気負って出かけていったところ

なんとか完売することができました☆彡

高くても買ってくれる人、食べたいと思う人は

うまくマッチングすればいるんだ、と改めて感じられた東京出張でした。

 

で、東京に行ったついでに

飛び込み営業なんてものも初めてやっちゃいました。

 

食べに連れて行ってもらったお店が雰囲気も、味もよくて

ついつい、「土佐ジローってお肉を生産してるモノなんですけど…」

と厚かましくもシェフに来てもらい名刺交換。

 

「買いますので、翌週送ってください」と言ってもらい

送ったところ、お礼の電話と追加注文をいただきました☆

実り多き東京出張になりました。

 

と、山の奥地で暮らしているものの

なんだかんだと慌ただしくも楽しい日々を過ごしています。

来月は、いなかパイプのメンバーが泊まりに来てくれるとのこと。

こちらも楽しみにしています(^^)

 

では、また来月〜。

尚太郎

 


▼コメントをどうぞ