女子大生がインターンにやってきた!

2013/09/04

顔の写真
執筆者 川﨑倫
所 属黒岩じるし

 

 ご無沙汰しておりました、黒岩じるしの川崎です。

 

 この夏、なんと!高知県立大学のぴちぴち☆女子大生が黒岩じるしにインターンにやってきました!!今回はその模様をご紹介しまーす!

 

 初日、まずは黒岩のおすすめスポットを案内しました!

 じゃじゃーん!見よ!この景色☆

 

スカイライン風景

スカイライン風景

 

 黒岩じるしの酪農家の竹村さんに伺い、黒岩のおすすめスポットにいってきました!

 私もはじめていった黒岩の山のてっぺん。ここはパラグラーダーの出発地点とのこと。そういうこともあって、なんともすばらしい景色!足下には黒岩の田んぼ、人々の暮らしが一望できます。そして、空を見上げると雲にもう手が届きそうなくらい近いんです。

 

 「やばい!これは、やばい!」もうテンションあがりまくりです!ついには、みんな無言のままずっとこの場で虫や鳥、風の音に耳を傾け、雲のゆったりとした動きをぼーっと眺めて過ごしていました。黒岩の自然のすごさに女子大生も圧倒されています。

 

3人と景色

3人と景色

 

 続いては、黒岩の名産のお茶畑へ。山を登り、途中から目を閉じてもらって、最高のスポットにきたら、「せーの!」で目をあけてもらいました。そこにあったものは・・・

 

 山一面の茶畑!

 

 「うっわー!やばい!やばい!」

 

 やばい!という言葉にすべてが集約されているようですね。

 もう、「やばい!」としか言いません(笑)

 その他黒岩じるしの3軒の農家さんと新高梨農家さんを回り、挨拶をして1日目は終わりました。

 

 さーって、黒岩じるしといえば代表の元料理人、村田さんとお菓子作りがだいすきな苺農家の礼子さん、お二人の手料理です!夜には歓迎会も開かれました。

 

歓迎会

歓迎会

 

 農家さんたち、やっぱり自分の暮らす地域に人がきてくれることが、心からうれしいんですね。喜んでいる様子がみていてにじみ出ていました。

 

 2日目からは農作業と加工、イベント販売の仕事を一緒にやってもらいました。

 農作業は園芸と酪農。

 

園芸

園芸

 

 酪農

酪農

 

 イベント

イベント

 

 園芸は、やはり女の子。細かい作業もたのしそうにやっていました。

 酪農はなかなか関われない仕事とあって、初めてのことだらけ。でも牛乳がどうやって食卓にでてきているのか、その原点をみてもらえたように感じます。そして、農業という仕事の大変さも身をもって体験してくれました。もう、夜にはみんな、くたくた。ご飯を食べたらすぐに布団へ、という毎日が続きました。農作業後の夜の加工。もう日中は元気なみんなも夜はまぶたが重い・・・。黒岩じるしが、日々どれだけの農作業をしながら加工も行っているのか、ということをみてもらえたんじゃないでしょうか。

 

 女子学生にききました!

 黒岩じるしのすてきなところ。

 

「1軒だけじゃなくって、3軒でやっているところ!」

「仲間感がいい♡」

 

ミーティング

ミーティング

 

 仕事中も、それぞれが自分ちの農作業をしているんだけど、道ですれ違うことがあると、たわいもない雑談がはじまる。そして夜の加工にはみんなが集合してくる。個人ではなく、5人で。だからこそ、地域の人たちの中からも応援の声や、協力者が出てきているんじゃないかなあ。そんなことを話していました。

 お菓子作りがすきな女の子たちは、このインターンをきっかけに9月の加工日にもまた黒岩へきてくれるといいます。こうやって、農業と加工の両立の大変さも、まわりの協力者の力に寄って前に進んでいくんですね。うれしい限りです。

 

 9月には今度は男子大学生が3人やってきます。

 今度はどんな感想が出てくるのか、楽しみです!

 

 

FacebookTwitterLine

▼コメントをどうぞ