まず、1歩ふみだす

2014/03/12

顔の写真
執筆者 松岡人代
所 属四万十農業協同組合

 

はじめまして。現在、四万十農業協同組合(略してJA四万十)で働いています。

まず、簡単に自己紹介を。

 

 松岡人代

 

滋賀県の実家で暮らしながらの派遣生活。

2012年夏、派遣契約が突然終了し。

失業保険だけはすぐに出るものの、さてこれからどうしよう。

 

というときに思いついた高知市での1週間ウィークリーマンション生活。

暮らすうちに「高知にいると身体とこころが楽!」と気付き。

とさてらすの中で移住コンシェルジュの方に「高知が好きになりました!住みたいです!」

という思いをおもいっきりぶつけ。

いなかパイプお試し1泊2日体験に申し込み、初めて四万十町を訪れ、

その後、メルマガで見つけたJA四万十職員募集に応募。

無事採用通知を貰い、車の免許も取り、2013年2月四万十町へ。

 

高知に住みたい、と思いながらも、車の免許を持っていなかった私は、

最初、高知市に住む、という考えしかありませんでした。

なので、本当に、四万十町に来たのは、偶然。

JAで働く。という選択肢も最初、頭の中には全くなく。偶然。

(免許が、AT限定不可。なら、受験さえしていなかったと思います。笑)

 

 

自分の中で、1番勇気がいったのは。

「高知に住みたい」と思った自分の気持ちを認めることでした。

認めたら、それに向かって進むしかなくなるので。

ひとに言われたことは、もしだめでも、ひとのせいにできるけれど。

自分で決めたことは、自分の責任。…のような感じ。

でも、目標が決まれば、もうそこに向かって突っ走るしかないのです。

初めてふみだした、1歩。

 

 

さて、現在私が何をしているかというと。

面接のときに「文章を書くのが好きなので、いつかこの地域のことをPRする仕事がしたいです」と言ったからなのかどうなのか、いきなり広報という仕事をもらいました。

主な仕事は広報誌作成。(+他にもこまごま。その内容はまた少しずつ)

 

「……え?」

 

何するの?広報誌ってなに?どうやってつくるの?

何この大きなカメラ(一眼レフ)。写真なんてiPhoneでしか撮ったことがないですよ。

大野見?興津?志和?どこ?なに?

「まぎる」?「がい」?「てんぽう」?「いそしい」?「かぁらん」?「だれる」?

毎日「?」がいっぱい。

 

まさに「人も土地も道も言葉も、なんちゃあわからん状態」。

 

…でしたが。

 

「土佐弁わからんかったら顔見たらええわよ。怒ってなかったら怒ってないき」 とか。

 

「おまん、なんちゃあ知らんきおもしろい」 とか。

 

笑われているのか、褒められているのか、よくわからないながらも、なんとなくそのおおらかさに救われたり。

いろんなひとに助けてもらいながらの日々。

道に迷ったり、全然違うものの写真撮って帰ってきたり。

いろんなことがありましたが、

1年経てば、それなりに。なんとかそれなりに。たぶん、きっと。

 

 

地域おこし。とか、観光促進。とか。

そういうことを改めて意識したことがない、ふつうに暮らしているふつうのひとたち。

と、関わるというJA職員としての一面と。

ひょっこり滋賀から移り住んで来たひとりの人間として、他の地域から来たひとと関わる一面と。

不思議なミックスで暮らしている、と思います。

 

そして不思議なミックス、もうひとつ。

JA四万十の管内=四万十町全域、ではなく。

四万十町の旧窪川町+中土佐町大野見。

(実は、それを知ったのは四万十町に引っ越してきてからでした)

だからどう、ということもないのですが。びっくりでした。

 

田舎暮らし、というと。

毎日四万十川の流れるせせらぎの音をきいて。星空を眺めて。

地域でとれる野菜を時間をかけて料理して食べる。趣味に時間を費やす。

こころも身体もゆっくりでストレスフリー。

なんて響きの想像があるかもしれませんが。

 

…ないから!

 

仕事量がピークのときは、毎日のようにコンビニにも寄りました。

人生でこんなにコンビニのありがたみを感じたのは、初めて。

家には眠りに帰るだけ、みたいなこともあったけれど。

それでもなんとか乗り越えられたのは、たぶん、ふと見上げた星空がすごくきれい、とか。

遅くまでおつかれさん、と貰ったココアのあったかさとか。

そういう、小さいかもしれないけどほっとするいろいろのおかげ。

 

今はほんの少し、メリハリ。力を抜くところは抜く。入れるところは入れる。

ということを学びました。

「ま、いっか」も、大事。

 

 

仕事の風景、一部。

「JA四万十にこまる」のパンフレット撮影のためにあちこちうろうろ。

(にこまる、はお米の品種です/名前かわいい)

沈下橋と田園風景撮影中。

 

四万十 田舎撮影風景

 

 

JAの指導員のひとや、農業改良普及所のひとと一緒に農家さんのところに行って、

写真撮らせてもらったり。

きれいな四万十川の水の写真が撮りたくて、連れて行ってもらったり。

お米イラストを一緒に描いてもらったり。撮影するためにいろいろ小道具をかりたり。

 

たった4ページのものだけれど。

とてもたくさんの時間と、ひとの力がかかってる。と、実感。

(研修で出会った、デザイン会社の方の力も!)

 

JA四万十 にこまる

 

中に入ってみないとわからない。いろんな隠れた力。

それは、四万十に限らず各地方にあるものかもしれない、とも思いますが。

今は。

外から迷い込んで来たひとりのひととして。

JA四万十が。町が。友達が。こんなことしてるよー、とか。

ここで見つけたこんなものが好き。楽しい。ということを書いていけたらと思います。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

FacebookTwitterLine

▼コメントをどうぞ