コロナからの脱却、遍路旅!

顔の写真
執筆者 安澤真希
所 属かつおゲストハウス

2020/04/13

 世界中で新型コロナウイルスが蔓延する中、とうとう東京オリンピックの延期が決定しました。報道されるニュースや新聞の内訳を見ても、そのほとんどが「新型コロナウイルスが~…」で、どうなる世界そして日本!? と心労が絶えません。

 「ここではないどこかへ」行きたい旅人にとっても、そろそろストレスがたまってきていると思います。かくいう私も「外出禁止」といわれたらどこかへ行きたくてウズウズウズ… ここで私から、あえてある提案をしたいと思います。それは「お遍路旅」です。

 

遍路旅

 

 なぜに今お遍路? と疑問に思う人もいると思います。「こうなりゃ神頼み~」という訳ではなく、実は、かつおゲストハウスに宿泊していたYさんからヒントを得ました。

 Yさんは、もともとは「龍馬マラソン」や「とくしまマラソン」に出場するため、毎年宿泊してくれていたリピーターさん。しかし、今回は後者の「とくしまマラソン」が新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、開催が中止になったのです。せっかくのマラソンがキャンセルになって、なおかつ贔屓のゲストハウスも楽しめないのは損なだけで面白くない! と感じたYさんは、お遍路なら費用もかからず、人ともほとんど会わず、健康的で、なおかつ今なら宿も穴場観光も楽しめる!と思い立ったのだそう。

 なるほど~!そういう視点があったか~画期的だな~と、Yさんの発想の飛ばし方には目から鱗でした。
 考えてみれば、この時勢にお遍路はメリットが多いです。

 

●心身ともに健康的で免疫力アップ
●自分と向き合える
●費用があまりかからない
●穴場の観光施設も回れる(人為的なものより、自然のものがより良い!)
●自然相手で人と触れ合わないので、感染リスクが低い
●テントも持参出来るので、宿泊代や感染をセーブすることもできる
●御朱印を全て集めれば天国へ行ける

 

 新型コロナウイルスの猛威を避けながら、費用もかからず健康な心身になれて、免疫力が上がり、大自然とも触れ合え、誰もいない四国の穴場スポットを巡ることもできる。歩くもよし、自転車もよし、バイクもよし、車もよし。どうですか? メリットに次ぐメリットです。

 Yさんはこれを機にお遍路に目覚め、次回もマラソン開催の有無に関わらず、札所巡りのために四国へ訪れるそうです。うれしいかぎりです。

 

お遍路

 

 お遍路で八十八ヶ所を巡って御利益があるのか? 煩悩を打ち消せるのか? 楽しいのか? 新型コロナにかからないのか? 自分と向き合えるのか? 悟りはあるのか? と言われたら私もまだ達成してないので分かりませんし、外出自粛要請が出ているエリアもあるので、「今すぐ遍路旅に出よ!」という訳でもありません。

 しかし、少なくともお遍路による旅で「良い傾向」が生まれる可能性はありますよね。こんなご時世だからこそ、世界中の人々が自分の心ときちんと向き合うタイミングだとも思います。
 皆さんも、各々のタイミングで、ぜひお遍路で四国を巡る旅、自分と向き合う旅に出かけ、新しい価値観を発見してみてはいかがでしょう。

 


▼コメントをどうぞ

    • かつおゲストハウスのヘルパー募集中!詳細はこちら

    • 前田真希