初めての滑床渓谷と絶品料理

 かっぱっぱ〜☆ 四万十に流れ着いて今年で10年目を迎えるムラかっぱですが、「10年間行こう行こう」と思い続けて行けてなかった「滑床渓谷」に、この夏行ってきました。

 

滑床渓谷

Googleマップ検索

 

 かっぱバックパッカーズから滑床渓谷までは車で約50分。

 道中のくねくね道を抜けると一気に広がる光景にびっくりしながら駐車場へ。駐車所に着くなり、イイ匂いにつられて気づくとお洒落な建物の前へ。

 

水際のロッジ

水際のロッジ

 

 イイ匂いは建物に併設されている野生のピッツェリア「Selvaggio(セルバッジオ)」からでした。

「・・・クンクン、間違いない。」

そういえば、前日のゲストさんを見送ってからの清掃からのセッティングにバタバタで朝昼を食べてない事をこのタイミングで思い出し、迷わず入店。

 入るなり店員さんに

「ラストオーダーは14時30分までになりますがよろしいですか?」

と聞かれ、ふと時計に目をやると14時25分。

「5分で決めます!」

と自然の光が差し込む席を案内して頂きました。

 

滑床のレストラン

記念にパシャリ

 

 席に着くなり、今週のランチやメニュー表に記載された料理の数々に目移りしましたが、定番の「マルゲリータ」&松野町と言えば「鹿!」1日限定5食と言う表記にやられて「鹿肉のラザニア」の2品をオーダー!・・・間に合っぱ(汗)

 

今週のランチ

今週のランチ

 

 料理を待つ間に「撮影はOK!」との事で、客席や調理場等を撮らせて頂きました。調理場には店名を象徴する大きな石窯を発見!

 

大きな石窯

大きな石窯

 

ガラス張りでお洒落な照明の店内。

 

客席

客席

 

 黒板を使っての生産者さんのPRもセンスがキラッと光ってました。更に料理の1品1品に地元の食材が使われてるのがまた良いですよね。

 

チョークアート

チョークアート

 

 オーダーから数分でマルゲリータ登場!「はやっ!!」と思わず口走っちゃいました(笑)

 外側の生地はモッチリで、見た目以上にボリューム満点!

 

マルゲリータ

マルゲリータ

 

 ぺろりおと平らげた所で、メインの鹿肉のラザイニアも登場!

「よろしければ切り分けましょうか?」

との店員さんのご好意に甘え、

「あ、チーズが伸びるとこを撮りたいので静止してもらえますか?」

とリクエストしてパシャリ。店員さんの神対応に感動(泣)

 

鹿肉のラザニア

鹿肉のラザニア

 

 臭みもなく、あっさりして食べやすい鹿肉とチーズの相性がバッチグー! 見た目以上に具沢山でこちらも美味しくいただきました。

 皆さんも滑床渓谷にお越しの際はぜひ寄ってみて下さいね。

 さてお腹もいっぱいになったところで、店員さん「おススメスポット」を教えて頂いた場所に向かうため万年橋へ。

 

万年橋

店内からも見える万年橋

 

 途中、川遊びする光景にほっこりしつつ、橋のすぐ隣にある遊歩道からいざ行かん!!

 

家族で川遊び

ご家族で川遊び

 

 遊歩道を歩く事、約5分でおススメスポット「鳥居岩」に到着!

 巨岩が真っ二つに割れた上に、絶妙なバランスで乗っている岩の姿が神社の鳥居に似ている事からその名がつけられたらしいです。岩の真ん中も通行できて両側には「しめ縄」がかけらています。

 また「滑床のパワースポット」としても注目されてるみたいなので、皆さんも願い事をしながら通行してみてはいかがでしょうか?!

 

鳥居岩

遊歩道側

 

川側

川側

 

 さてさて、ここから更に遊歩道は「雪輪の滝」へと続きます。

 遊歩道は川沿いにあり、横目にはキャニオニングを楽しむツアー客の姿も!

 

滑床ツアー客

ツアー客

 

 鳥居岩から歩く事25分。「遊仙橋」へ行く途中には休憩できる東屋もあります。

 今回は都合上、遊仙橋はパスさせて頂きました(汗)

 

東屋

東屋

 

雪輪の滝

雪輪の滝

 

 滝のすぐ横には「落合淵」もあり、なんだか神秘的な雰囲気も感じます。

 

落合淵

落合淵

 

 滝の全景は遊歩道から更に上に登った展望台から見れます。ちなみに雪輪の滝は「日本の滝百選」にも選ばれています。滝好きな皆さんは1度はぜひ!

 

展望台からの滝

展望台からの滝

 

 今回は天候も良く食後の運動にはもってこいの散策でした。行きは登りのため片道40分程度かかりましたが、帰りは下りのためにスムーズに降りれました。

 

滑床渓谷略図

滑床渓谷略図

 

 ここまで読んで「滑床渓谷」に興味が湧いた皆さん!!

 紅葉シーズンも綺麗との事ですので、ぜひ今秋に訪れてみてはいかがでしょうか?お戻りの際に、お時間がある方はJR松丸駅に併設されている「ぽっぽ温泉」で疲れを落とすのもおススメですっぱ!

 

ぽっぽ温泉

ぽっぽ温泉

 

FacebookTwitterLine

▼コメントをどうぞ

顔の写真
村岡明紀さんのプロフィール・記事一覧はこちら
    • ゲストハウスでインターンシップ!学びに来ない?

    • 村岡明紀