パイプウェブマガジン7月号!いなかの夏の過ごしかた

 こんにちは。いなかパイプの小川です。

 各地、梅雨が明けていきなり真夏のような陽気になってきましたね~!

 いなかで暮らすみなさんは、自然と関わりながら生活や仕事をされている方が多く、天気や気候は本当に暮らしに密接しています。みなさんお身体大切にしながら、この夏の始まりも楽しんでいきましょうね。

 

 そして、先月から始まったパイプウェブマガジン!

 さっそく第2号をお届けします!

 

パイプウェブマガジン

 

パイプウェブマガジンとは?

 パイプウェブ会員の取組みとして、月に1回、オンラインで企画会議を行っているのですが、ここで〇月の発信記事をどうしようか?と企画を考え、決まったテーマにまつわるエピソードなどをまとめて発信していきます。

 色んな地域に住むパイプウェブ会員の集まりだからこそ、「いなかあるある」にも地域ごとの違いなどもあるかも知れないし、やっぱり場所は違えど「いなか」はどこも一緒だなあと感じることもあるかもしれません。

 そんなこんなを含めて、テーマに基づいた、それぞれのコメントやネタを発信していきたいと思います。

 

7月のテーマは、いなかの夏の過ごしかた!

 いよいよ夏が始まりますね。自然豊かないなかでは、夏の楽しみ方も地域ごとに様々。そして、夏が1年で一番にぎわっているいなかもたくさんあります。

 そこで、今回は、6月の企画会議でご参加いただいた方のコメントなどを元に、それぞれメンバーのみなさんの地域での夏の過ごし方などについて聞いてみました!

 

ホディー愛

ホディー愛さん(ニュージーランド・ネルソン)

 日本と季節が逆のニュージーランドはスキーの季節!近くのスキー場も賑わっています。ニュージーランドでは、日本と比べると、スノーボードよりもスキーをする人のほうが多い気がします。

 あとは、移民が多い国なので、寒くなるこの時期に、母国に帰省する人も多いです。あとは、今はコロナで減ってしまったけど、北半球に旅行に行く人も多いです。

 そして、今年の5月から国外旅行者の受け入れが始まりました!(一部条件あり)

 日本でこれから夏休みの時期に入っていくので、短期留学の予約なども殺到しているようです。

 

小林恵子

小林恵子さん(広島県江田島市)

 島なので、夏はやっぱりみなさん海です。海水浴場やキャンプ場もたくさんあります。最近ではSUPで遊んでいる人がいたりします。

 江田島に越してきて初めての夏なのですが、地元だと夕陽がきれいだったりやシーグラスがたくさん拾える海水浴場などもあるそうです。江田島は観光にもすごく力を入れているので、ぜひ遊びに来てください!

 

児嶋 佑香

児嶋佑香さん(高知県四万十町・いなかパイプスタッフ)

 私は昨年の秋に引っ越してきたので、四万十で夏を過ごすのは初めてです。現在四万十では、観光客はカヌーなどの川でできるアクティビティをしていて、地元の方は鮎漁などをしています。

 仕事としてはカヌーの受付やガイド、甘茶づくりなどがあります。

 四万十での遊びというと川での遊びが多く、増水したときに観光客に楽しんでもらえないという課題もあります。そのためいなかパイプでは、川が増水しても楽しめるアクティビティを考えています。近日中に公開予定ですので、お楽しみに!

 

 

いなかドア‐カヌー体験

四万十川のカヌーツアーの様子

 

安澤真希

安澤真希さん(高知県高知市)

 高知では毎年6月30日に「輪抜け様」というお祭りがあります。無病息災を願って大きな輪っかをくぐるお祭りで、出店とかもたくさん出るので、夏祭り気分が味わえます。(※中国地方では「茅の輪くぐり」ともいうそうです!)

 8月はよさこいですね!かつおゲストハウスは夏休み期間に入る7月下旬くらいからはだいぶ予約が入ってきています。コロナ禍前よりは動きは遅いけど、ここ数年では増えています。ご予約はお早めに~!

 

6月キカクカイギ雑談

 いかがでしたでしょうか。

 「夏の~」と言いつつ、いきなり季節が逆のニュージーランドの紹介からになりましたが、今回も各地のいなかに住むパイプウェブメンバーならではの面白い話がたくさんできました。

 そして、私の住む徳島県は四万十と同じように川のアクティビティ・ラフティングが盛んです。

 最近の夏は「外出を控えましょう」と呼びかけられるくらいの猛暑ですが、吉野川中流域にあたるこの辺のラフティングでは真夏でも水温は20度くらい。普通の水着だと20分くらいで十分に冷え冷えです。

 ツアーでは汗だくになりながらウエットスーツを着ますが、

「これ着ていてちょうどいい~」

というくらいに冷え冷えの川を1日楽しめます。

 私は子育て中リバーガイドなのでかなりのレアキャラですが、ときどきガイドもしています。もしよければ吉野川で会いましょう!

 

キャニオニング

こちら去年の写真ですが2歳の娘は吉野川の支流でキャニオニングを楽しみました!

 

 というわけで、みなさん、また次回のパイプウェブマガジンをお楽しみに~。

 そしてパイプウェブ会員は随時募集中ですので、なんだか楽しそうなコミュニティだなあ、と気になった方はぜひお問合せ下さい!

 ●パイプウェブ会員に関してはこちら

 

FacebookTwitterLine

▼コメントをどうぞ

顔の写真
小川知香さんのプロフィール・記事一覧はこちら
    • 徳島で活動中!

    • 小川知香