11/10締切【高知・四万十】「ない人」のための高知・四万十ステイホームプログラム 第6期

古城小学校

新型コロナウィルス関連被害防止プロジェクト

「ない人」のための高知・四万十ステイホームプログラム 第6期

 新型コロナウイルス感染症に罹患された皆様、暮らしに大きな影響を受けられた皆様に、謹んでお見舞い申しあげます。

 今般の状況において、いなかパイプにできることはないかと日々考え、5月からこんなプログラムを始めています。

 

~ステイホームできない!と追い詰められている単身の「ない人」へ~

 長引く自粛のため、精神的に追いつめられている人など、新型コロナウィルス関連被害がでてきています。
 「とかい」に1人で暮らす方々は、特にその不安や困難も大きいのではないでしょうか。

 「仕事がなくなった!引っ越さないと~」
 「家にいずらい!出ていきたい!」
 「さみしくて、不安で、死んでしまいたい!」

 何らかの事情で今ステイホームが難しくなり、安全安心に生きていく環境を得られず追いつめられている単身の「ない人」へ。「いなか」に暮らすいなかパイプから今できること。

 

 高知・四万十のいなかパイプ宿舎で、一緒にステイホームしませんか?

 もちろん、新型コロナウィルス感染防止対策を行いながらの制約のある暮らしになります。移動には感染のリスクがあったり、交通費やある程度の滞在費用もかかります。

 でも今、安全に生きていくことが脅かされている環境にあるならば、食べ物と寝泊まりできるベットや生活環境、人に出会わずに運動や農作業ができる自然環境がある廃校を活用した私たちの宿舎を利用できます。
 プログラムは常に安全・安心を最優先して状況をみて進めていきます。

 限定5名様となりますが、私たちの宿舎を利用したい方はご連絡ください。詳しく知りたい方は、「ない人募集オンライン説明会」へご参加ください。

 参加者の様子はこちら「ない人が参加してみた!コロナ禍でのステイホームプログラム&いなかインターン

 

▼10月7日の高知・四万十の状況

●2月から現在まで、四万十町は感染者0です。最寄の診療所にてPCR検査も受けられる環境があります。
●宿舎周辺の2地区の住民の方々にご理解をいただきながら慎重にプログラムを進めています。
●自給自足の力を身につけるためにいなかパイプも田んぼ・畑を始めました。そのフィールドで自粛しながらも農業体験などできます。
●ステイホームプログラムからインターンシップを経て、移住し、地元企業やいなかパイプスタッフとして働き始め人が5人います。
●10月5日から第5期メンバーが参加し、プログラム実施中です。

 

■プログラム概要

 

【応募締切】

2020年11月10日(火)

 

【受け入れ日】
 
2020年11月24日(火)(午後受け入れ)

 -このタイミングで移動できない方はご参加できません。

 

【受け入れ期間】

2020年11月24日(火)~ 2週間以上

 -1ヶ月単位で受け入れを行います。
 -期間の延長は相談の上、可能です。

 

【応募条件】

●発熱しておらず、健康で自力で移動できる単身者の方
●マスクを持参できる方
●体温計を持参できる方
●スマホあるいはパソコンを持参できる方

 

【参加定員】

5名(定員を超えた場合は、抽選にさせて頂きます)
  
いなかインターンシップいなかマッチへの参加希望の方は別途受け入れを行うようになります。

 

【受け入までの流れ】

 2週間前までにメールエントリー
  ▼
 電話確認・健康状態確認
  ▼
 オンライン面談
  ▼
 受け入れ確定・毎日検温スタート(14日間)
  ▼
 受入当日移動 午後高知・四万十到着

 

【受け入れ期間中】

●毎朝検温・健康状態チェック
 -発熱したり体調を崩してしまった場合は、自室で安静に過ごしたり、病院受診など必要に応じて行動していただきます。

●毎朝8:00開催のオンラインモーニングミーティングへ参加
 -その日の気持ち・やりたいことをシェアして、その日の過ごし方を決めます。

●2週間の間は、密接な接触を避け、地域に暮らす人とも接触をしないように、外出も控えていただきます。
 -買い物については、いなかパイプスタッフが供給します。

●日中の活動は、いなかパイプ農園での農作業など人との接触を減らした屋外活動が可能です。

●2週間経過後は、地域住民と同様な感染防止対策をとった上での暮らしを行っていただきます。

 

【滞在場所】

廃校を活用したいなかパイプの宿舎・ドミトリー546(旧・古城小学校、写真参照)を利用します。

● 住所:〒786-0534 高知県高岡郡四万十町古城875-2

●最寄駅:JR十川駅 ※最寄り駅まで来ていただけたらその後の送迎は可能です。

●お部屋(2階)

宿泊する部屋は教室を分割した部屋、小さい部屋を個室にして滞在します。
廃校ならではの味わいのある滞在をお楽しみいただけたらと思います。

 

教室

 

●浴室・トイレ(1階、2階、3階)

廃校を少し改装した施設ですが、浴室はございます。24時間入浴可能です。
トイレは男性2階、女性3階にあります。

 

お風呂

 

●食堂・キッチン

自炊できる環境は整っており、密閉、密集、密接を避けながら食事ができるように環境を整えています。

 

ドミトリーキッチン

 

ドミトリーリビング

 

【参加費】

●初回5万円(1ヶ月宿泊費・食材費一部込)
 -延長の場合:3万円/月+農作業(1ヶ月宿泊費・食材費一部込)
 -29泊30日のいなかインターンシップへ参加の場合:10万円(プログラム参加費・宿泊費・食材費一部込)
 -いなかインターンシップを希望する場合は別途申し込みが必要です。

 

■オンライン説明会の開催

 毎月7のつく日に「ない人募集オンライン説明会」を開催しています。詳しい内容を確認したい方は、こちらにご参加ください。

【申込方法】

 以下のお問い合わせフォームより「○月○日開催 オンライン募集説明会参加希望」と日程も合わせてご記入の上、メール送信お申込をお願いいたします。

 

■参加申込・お問合せ先

 下記の事項を記入の上、「ステイホームプログラム参加希望」と書き、お問合せフォームよりメール送信お願いします。受付完了後に、事務局から折り返しご連絡いたします。

▼申込必要事項

[1]氏名(ふりがな)
[2]住所
[3]電話番号
[4]生年月日(保険加入のため)
[5] 滞在期間の希望
[6]アレルギー・持病などの有無
[7]事務局へ伝えておきたいこと

 いなかパイプ
 MAIL : https://inaka-pipe.net/contact/
 Tel/fax :0880-28-5594(事務所出勤を控えていますので留守が多いです。)
 住所 :〒786-0534 高知県高岡郡四万十町広瀬583-13


▼コメントをどうぞ

    • 「ない人」のためのためのステイホーム!一緒に暮らしませんか?

    • 吉尾洋一