いなかパイプ 「いなか」と「とかい」のパイプWEB

旅する上勝カフェ:前編

2016/05/07


 

去る2月7日、東京・下北沢で開催したイベント『旅する上勝カフェ』

 

旅する上勝カフェ

 

 パッと見ギョッとするキャッチコピーのこのポスター。上勝町内では「過激すぎるんじゃないか」「ちょっと怖い」などの意見もあったのですが、日々刺激にまみれている東京人にはこれくらいのインパクトが必要だろう!ということで、思い切ってこれに決めました。

 インターン生に絶大なる人気を誇る彩農家の田村さん夫妻の笑顔のおかげで、結果的にはマイルドな仕上がりに。そして実際に、このポスターのおかげで『旅する上勝カフェ』は、通称「人さらいイベント」としてFacebook・Twitter・雑誌などでかなり話題になったのでした。

 

いろどりインターンシップ

 

㈱いろどりでは、上勝町の移住交流人口の増加を目指して、5年前からインターンシップ事業に取り組んでいます。

 

 

 インターン修了後に自分の地元に帰っていった人たちとのつながりを続けていきたいとの思いから、参加者の割合が比較的多い東京で毎年イベントを行ってきました。しかし、これまでトークイベントや料理教室などいろいろやってきたのですが、何か少し違和感を覚えていました。

 

 インターンで上勝にやってきて、上勝についての知識や経験があり、町民の魅力に触れ、多くの人が上勝が好きで応援したいという気持ちをせっかく持ってくれているのに、ただお客さんとしてイベントに来てもらうだけではもったいない。

 それよりも、上勝の人間と一緒になって、もっと多くの人に町の魅力を伝えてもらいたい!そしてその活動を通して、もっともっと修了生の皆さんとのつながりを強化していきたい!

 

 そんな思いで今回の『旅する上勝カフェ@下北沢2016』を企画しました。

 イベントタイトルの―旅する―は、今回一発目は東京だけど、インターン修了生は全国に点在しているので、年一回くらいのペースで場所を移動しながら『上勝カフェ』を開催していけたら素敵だな、との思いで考案しました。

 まずは11月に新宿で決起集会を開催。事前に声掛けをして興味を持ってくれたインターン修了生約20名にイベントにかける思いを伝えました。

 

決起集会

 

 今回のイベントは㈱いろどりが主催ですが、2015年4月にできたばかりの㈱上勝開拓団が共催として全面的にバックアップをしてくれました。

 上勝開拓団は映像制作をメインの事業としながらも、上勝町内の荒れた耕作放棄地を元の棚田や畑の風景に再開拓していく活動も行っている会社。週末にBarの営業も行っており、上勝町の応援団(=開拓団員)を増やしていきたいという思いは、いろどりインターンとも共通しています。

 上勝開拓団の詳細については、以前こちらのいなかマガジンで、代表の仁木さんにインタビューした記事があるので、よかったらご覧ください。 http://inaka-pipe.net/20150713/

 

 

 そして、こちらが上勝開拓団が制作してくれたイベントPR用の映像。上勝町の楽しさが伝わるスバラシイ作品になっています。イベントはすでに終わってしまいましたが、ぜひご覧ください!

 

 決起集会が終わってからは怒涛の日々!宣伝部・企画部・レイアウト部の3チームに分かれてイベント準備を進めていきました。

 宣伝部では、冒頭のポスターやチラシの作成から始まり、Facebook・Twitterなどの情報発信、メディアリリースなど、学校や仕事の合間を縫って大活躍してくれました。

 

雑誌オルタナさんにて取材

雑誌オルタナさんにて取材

 

上勝カフェチラシ

 

 企画部では主に、当日のステージイベントのプログラム内容やゲストの選定等を考えてもらいました。

 

「下北沢にいながら上勝町の雰囲気をそのまま感じられるようなイベントにしたい」

「イベント企画メンバーのように、若い人たちをメインの対象として上勝の魅力を伝え、まずは一回町に来てもらいたい」

 

 そんな思いで、ひとつひとつのプログラム内容やタイトル、順番にもこだわりを持って考えていきました。

 今回の『上勝カフェ』は、下北沢一番街商店街を舞台に、屋外ステージと特産品販売・飲食スペースの2拠点で開催。屋外ステージでは、プロ阿波踊り集団「寶船」の公演や、ヤマビコミュージックフェスティバルなどの楽しく盛り上がれるプログラムと、上勝への移住者やインターン修了生、特別ゲストによるトークショーなどの、上勝から都会に向けて伝えたいメッセージを込めたプログラムとを組み合わせました。

 

上勝カフェメニュー

インターン修了生が作成してくれた上勝カフェメニュー表

 

 

 レイアウト部では、特産品販売・飲食スペースでのPOP・メニュー表・上勝紹介パネルなどなど、ありとあらゆるものを作成。

  上勝スタッフだけでは到底できないであろうクオリティのものが、どんどん生み出されていくのを見ていて、インターン修了生の方々の協力が本当にありがたく、それなしにはこのイベントは到底成立しないな、と強く感じました。 上勝に移住した者たちの思いから始まり、上勝に魅せられたインターン修了生を巻き込んで、どんどんおもしろくなってきた『旅する上勝カフェ@下北沢2016』

 

 ここまで長くなってしまいましたが、次回の記事ではいよいよイベント当日の様子をお伝えしていきたいと思います!

 

乞うご期待!

 

 

▼コメントをどうぞ

顔の写真 粟飯原啓吾 さんのプロフィール・記事一覧はこちらら >>