2018/3/5−7開催 いなかビジネスマネジメントの円坐


「いなか」「ビジネス」「マネジメント」「マネージャー」の
キーワードに引っ掛かった人が高知・四万十に集まって
円になって、ひざを突き合わせて座り、
1人ひとりの心の中に浮かんできた今一番話したいことを、
ただただ真剣に、話すことができる。
ただただ真剣に、聞くことも、聴くことも、訊くこともできる。

今回の合同研修会は、そんな研修会になります。

話のテーマも、議題も、出さないといけない結論も
事前には用意されていなくたって
人には、そのとき本当に話したいということが湧いてくる。
そのとき本当に話す必要があるということが湧いてくる。

1人で考えているときや、1人で悩んでいるときには
出てこなかったような言葉が出てくることもある。
人が集まって、真剣に、語り合うということの力がそこにある。

この場に来たら、何が語られるのか、どんな話が聞けるのか
どんな学びがあるのか、どんな結果になるのか
ゴールは誰にも見えていないけれど

いなかパイプスタッフ一同も、これまで参加し、
一人ひとりが他の研修では得られなかったモノを掴んできた。

だから、こんな場を必要としている方に活用して頂けるとうれしく思う。

いなかビジネスマネジメント

いなかビジネスに従事しながら、地域の将来を担う2番手さん
いなかビジネスをマネジメントしている社長さん
1人で仕事をしているフリーランスの個人事業主さん
家族で農業を営む農家さん
地域のためにと働く行政職員さん
家族のために働く主婦(夫)さん

2泊3日で、しっかり時間をとって、自分自身と向き合うことができる
自分の想いや悩み、アイディアを話したいと思えば、
そこに集まった人たちに投げかけることができる

そして、自分が一歩先に進むためのきっかけとして、
この研修会をご活用頂きたい。

こんな場を私たちと一緒に過ごしてくれる今回の豪華ゲストは、いなかパイプの
「いなかビジネスマネジメント力」を鍛えてくださっている方々です。

ぜひ皆さんにも出会って頂きたいと思っています。
初日のみ1日だけの参加も可能ですので、この場に座りに来て下さい!
 
高知・四万十でお待ちしています。

四万十川

 

今回の講師

 

橋本久仁彦さん

橋本久仁彦さん(坐・フェンス)

http://enzabutai.com/index.html

大阪出身。高校教師となりカール・ロジャーズのパーソン・センタード・アプローチに基づく「教えない授業」を実践。平成2年~13年龍谷大学学生相談室カウンセラー。平成14年プレイバックシアタープロデュースを設立。平成24年プレイバックシアタープロデュースの看板を下ろし、“目的を持たない生命体的集団”フェンスワークスの誕生に関わり、ビジョンを共有する仲間とともに活動領域の有機的拡大・深化を実験中。「きくみるはなす」プロ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
【橋本さんのご紹介&これまでの研修】

2018/01/19−21開催 いなか2番手フォーラム
●2017/03/04-05開催 Step5:いなかビジネスマネジメント
 
 橋本さんは、いなかパイプにとって「きく」ということの師匠的な存在です。「人と真剣に向き合う」ということがどういうことなのか、「人間を大事にする」ということがどういうことなのか、「きく」ということを通して私たちに教えてくれています。
 「円坐」という、ただ円になってひざを突き合わせて座って話し合うやり方を使って、老若男女誰とでも話し合える場をつくります。農家さんの間でも、集落の集まりでも、昔から日本人がやってきたような話し合いのスタイルは、議題やゴールがあるわけではないけれど、その場に集まった人がそのタイミングで本当に話したいことが話される場になっています。まさに真剣勝負の話し合いの場がつくられます。
 今回の研修会では、橋本さんの「きく」という姿勢から、いなかビジネスマネジメントにおける「きく」ということはどういうことなのか、何をしたらいいのか、どういう姿勢で人と関係をつくっていけばいいのか、学ぶことができると思います。
 

 

近藤哲生

近藤哲生さん(有限会社ウィンアンドウィン)

http://www.nikkeibook.com/writer/1255/

 愛媛出身。通信システム・艦船搭載システムなどの開発に従事。  苦戦するプロジェクトの立て直しを数多く経験。人を大切にする 「マネジメント」のプロ。著書「実用企業小説 プロジェクトマ  ネジメント」

 

 

 

 

 

 

 
【近藤さんのご紹介&これまでの研修】

●2017/03/04-05開催 Step5:いなかビジネスマネジメント
●2016/2/25-26開催 Step3:チームを作り、育てられるようになる
 
 近藤さんは、いなかパイプにとって、プロジェクトマネージャーとして何が大事であるかを教えてくれた方です。
 チームメンバー一人ひとりを大切に、一人も脱落者を出さないということを目指し、失敗すると言われた数々のプロジェクトを成功に導いてきた方だから言える「マネジメント」のやり方があります。
 人の心をおきざりにして、「お仕事」として割り切ってプロジェクトを進め、売上をあげていく「マネジメント」ではもううまくいかない社会になってきています。「いなか」社会では、なおさら「とかい」のマネジメントを取り入れるだけではうまくいきません。
 今回の研修会では、近藤さんに質問することで、そのマネジメント経験から「いなかビジネスマネジメント」に通ずるヒントを学ぶことができると思います。
 

 

開催概要

 

日程

2018年 3月5日(月)14:30開始~7日(水)12時終了 (2泊3日)

  • ※初日だけの参加も可能です。
  • ※通える方は宿泊なしで受講もできます。

 

会場

シマントシェアオフィス161(旧・広井小学校)
高知県高岡郡四万十町広瀬583-13
https://goo.gl/maps/kBlhA

  • ※最寄り駅は、JR十川駅です。(駅にはお迎えにあがります)
     高知方面から 高知駅→窪川駅→十川駅14:08着
     愛媛方面から 松山駅→宇和島駅→十川駅13:05着
  • ※関東関西圏からは、夜行バスで高知駅へ来ると格安です
    高知駅→窪川駅→十川駅10:41着
  • ※飛行機でお越しの際は、高知空港か松山空港をご活用下さい松山空港には、ジェットスターやピーチが就航しています。
  • ※お住まいのところからどのルートで来ると時間に間に合うかお知らせできますので、お気軽にご相談ください。

 

対象

  • 地域の中で「いなかビジネスマネージャー」のような役割を担っている方
  • これから「いなかビジネスマネージャー」の役割を担い仕事をしていこうと考えている方
  • 地域おこし協力隊として、「いなか」で仕事をしている方
  • これから地域おこし協力隊として仕事をしたいと考えている方
  • NPO・地域団体などの地域活動で事務局を担当されている方
  • 「いなかビジネスマネージャー」や地域おこし協力隊を地域の中に増やしていきたいと考える行政職員の方

 

定員

12名(先着順・要参加申込)

 

参加費

初日のみ(宿泊なし)参加:5,000円、2泊3日参加:35,000円(税込)

  • ※2日間の参加も可能ですが、2日目・3日目からの参加はできません。
  • ※2日間の場合であっても、参加費は変わりません。
  • ※往復交通費・食事代等は含まれていません。
  • ※宿泊については、いなかパイプ宿舎をご利用の場合は、参加費に含まれていますが、近隣のホテル・民宿をご希望の方は、別途料金が必要になりますが、ご紹介できますのでご相談下さい。
  • ※宿泊されない方は、料金の割引をさせて頂きますので、別途ご相談下さい。
  •  

    スケジュール(予定)

    【1日目】

    14:00  受付開始
    14:30  オープニング
    15:00  いなかビジネスマネジメントの円坐1
    17:30  夕食
    19:00  いなかビジネスマネジメントの円坐2
    21:30  1日目終了

    【2日目】

    8:30  いなかビジネスマネジメントの円坐3
    11:30  昼休憩
    12:30  いなかビジネスマネジメントの円坐4
    15:30  休憩
    16:00  いなかビジネスマネジメントの円坐5
    18:30  2日目終了→懇親会

    【3日目】

    9:00  いなかビジネスマネジメントの円坐6
    12:00  3日目終了→解散
    • ※研修の流れは、参加者やの状態に応じて、変更します。

     

    お申込み・お問い合わせはこちら

     

    主催

    一般社団法人いなかパイプ http://inaka-pipe.net/inaka-pipe/

    office@inaka-pipe.net Tel/fax:0880-28-5594
    〒786-0534 高知県高岡郡四万十町広瀬583-13

    企画協力

    青木将幸(青木将幸ファシリテーター事務所) http://www.aokiworks.net/

    池澤良子(ひとことワークス) http://blog.livedoor.jp/ikezawaryoko/

    田中聡(フェンスワークス) http://www.fenceworks.jp/

    古川智恵美(じゆう帖)

     


    コメント