いなかベンチャーインターンシップ

楽園をつくりたい

明郷園_澤村和弘


明郷園 
澤村和弘さん

 佐川町斗賀野のウスギ地区、急な傾斜の続く細い山道を上へ上へと進む。10分くらい行くと、景色がさっと開けた。下を見ると佐川町を一望でき、はるか向こうには雪の積もる石鎚山、その背景には初冬の青い空。ここから見る景色はまさに壮大で、どこか別の国に来たかのよう。元梨園だったこの場所でブルーベリーと栗を栽培しながら、かつて佐川で栽培していた「はつもみじ」の体験茶園を開こうとしている元・農協職員の澤村さん夫妻にお話を伺いました。

働き始めたころ 

―農協で働き始めたのはいつですか?

澤村和弘さん:

大阪の短大を卒業したけど、就職する気がなく、京都のコンピュータの専門学校に入ったがやけど、1年間学校にも行かずバイト三昧で、全く勉強せんかった。就職するのが怖かったんよね。さすがに、これではいかんということで高知に帰ってきて、春に役場の採用試験を受けたけど、ひとつも勉強してないし、そら落ちるわね。3ヶ月ぶらぶらしていたところ、農協で中途の採用試験があり、親父が佐川町の合併前に尾川地区の農協にいた縁もあって、21歳で農協に入ったのが始まりです。

最初に入ったのが農産物を販売する営業経済課で、苺の担当でした。当時、斗賀野地区は苺が有名で、佐川農協もやろうということで、苺をやり始めて3年目の頃だったね。7年間販売を担当して、農家との付き合いもできました。

それから畑の違う金融の部署に異動になって、20年間、同じ部署でした。その時は55歳が定年で、55歳で辞めるつもりで人生設計を立て、辞めて何をするのかは固まってなかったけど、農業という選択肢は20代、30代の頃にはなかったね。旅館業、民宿みたいなことをやりたくて、本川村にペンションを建てようかとも思いよったね。

 明郷園澤村さん御夫婦

―自分で農業をやろうと思うきっかけは?

 平成19年の秋に、売りに出ていたこの土地を買って栗を作り始め、50歳の時に営業経済課に戻って、営業事業の課長になったこともあり、農業を本格的に意識し始めたのはその頃やね。もしここでの経験がなかったら多分やってなかったと思う。それくらい、ちょうどのタイミングやった。それから仕事をしながら、栗の世話もしながら5年間やりました。

その課に入って2年目の平成20年に、二番茶を何とかせないかんという話が持ち上がったときに、自分の出身の尾川地区で、小さい頃紅茶を作りよって、紅茶工場があったのを思い出してね。昭和30年代に植えたらしい紅茶の木があるということで、それを見に行ったら茶園があって、それを使って紅茶を作ってみようということになって、平成21年に茶業試験場で試作を作ってみることができました。

持ち主が、「荒らしたらいかん」という律儀な人で、茶園としての管理はしていたけど、収穫はせず、商売もしてなかった。園主は元農協職員で、親父の後輩でもあって、尾川の農協時代からずっと知っちょった人やってね。そこで収穫させてくれと頼んで、「お前がやるやったらかまん、自由にやれ」と言うてくれて、借りることになった。

 そもそも日本紅茶は静岡で作られたのが始めで、明治、昭和初期、昭和30年代と3回製造ブームがあったらしい。高知県で紅茶を作り始めたのは仁淀川で、最後までやったのが佐川の尾川地区。当時、輸入紅茶は関税がかかっていて高かったので、国産を作って、いいのができたら海外にも輸出しよったという。昭和47年に関税が撤廃になってから、国の指導で紅茶の木は全部緑茶になって、尾川地区では「はつもみじ」という品種を育てよったけど、枝ぶりがいいので庭木用として売られ、今ではほとんど残っておらず、この茶園は、唯一たまたま残った「はつもみじ」の茶園ということになるね。

 明郷園_澤村さん御夫婦

第2の人生のスタートとして

― これから何が始まりますか?

 退職して、本当は色んな事業はせず、妻と二人で生活できるくらいのことをしようと思っていました。けんど、県主催の農業創造セミナーで6次産業化のことを勉強しよると「紅茶をやれ!やれ!」と言われ、「それやったら“はつもみじ”をもう一回復活しよう!それが私の使命だ。」と思うようになって、農協で育ててもらったということもあるので、今は恩返しの気持ちでやっています。自分だけ儲けても嬉しくないしね。

  平成22・23年には、農協がヤブキタ種を使って紅茶を作りました。“ヤブキタ”は緑茶の品種で一番いいといわれゆうがよ。緑茶は発酵しないように品種改良されてきたものなので、それで作っても本格紅茶にはならんわね。紅茶の専用種にはならんけど、渋みが少なく甘いことが特徴で、色はちょっと黒い。その“ヤブキタ”をメインに、“はつもみじ”と“ベニフウキ”をブレンドして、ブレンド紅茶を作ることになりました。そして、試行錯誤を重ね、やっと商品になったのが平成25年の10月で、今は観光協会に置いてもらっています。

これからは、いろいろと改良しながら、イベントなどでお茶の販売促進をやったり、ホームページをつくってPRしていくことに力を入れていきたいね。

 紅茶

― 購入したこの土地では、これから何をやっていきたいですか?

  この土地の方は、昔は梨畑をしよったらしいけど、園主が亡くなって2年間ほったらかしの耕作放棄地で、とにかくジャングルやったね。大変なところでどうしようと思ったけど、安かったので即決断、買ってから嫁に言うた。

 天気のいい日に一緒に二人で来て、ジャングルを駆けいって、全部の段をメジャーで測った。それでやっと全容がつかめた。そんなことをしたのが、ちょうど秋で、本当に素晴らしい景色やった。

 それから1.5ヘクタールに植わっている梨の大木を全部切って、枝を全部のけて、ユンボでひいてもろうたり、知り合いで“夢甘栗”を一生懸命やりゆう人がおって、栗に夢を感じて、その年の正月に栗を165本と南高梅を25本植えたりして。その後、栗が太らんので30本切って、ブルーベリーに変えたけどね。

 澤村さちさん: 1年目は梨の枝が畑の淵にごろごろしてたのを、束ねて積んで、2年くらい置いて腐らせたりね。けど枝を切って堆肥にするためにチッパーを買いました。今までは燃やしよったけど、環境によくないし、土に戻すのが一番いいと思って。色んなことしてきたけど、人力には限度があるし、何せ機械がいるということで、今までで一番高い誕生日プレゼントに、ユンボを買いました。

 和弘さん:ユンボを買ったときは、何でもできると思ってそりゃ嬉しかったで。1台で50人分の仕事するき。ここは、見てもろたらわかるけど石だらけの土地。景気のいい頃は庭石としてとっていきよったらしい。未だにロープが巻いたままの石があるくらいよ。けんど、果樹もお茶も、石があってもいける。果樹は、水はいるけど水はけがようないといかん。雨が降ったら水がごんごん湧いてくるき、ここは適しちょったがやろうね。

さちさん:平成22年に作った夏のお茶は、手摘みして紅茶を作る体験ツアーを企画しました。役場の人や観光協会の人、15人くらいに来てもらいました。7月の終りに二番茶がとれるので、子どもたちも夏休みの自由研究に来てくれました。小学1年生の子は、ブルーベリーの収穫に来てくれたがやけど、山の竹を切ってきて、竹トンボを作ったりつき鉄砲を作ったりして、竹遊びをしたりね。1日分の絵日記が3ページも書けた、とお礼の手紙をくれて嬉しかった。こんな感じで、農業体験も含めて、人を呼んだら面白いだろうなと思っています。

 和弘さん:ここ薄木山は眺めがいいので、殿様の気分になれる。最初の農園構想は、ここが一つの独立した共和国で、日本円が使えないようにしようと思っていました。独自通貨があって、円を交換するには仕事の対価で100ウスギを支払うという仕組み。「銭金で買えるものはありません、王国に貢献してくれた人は、王国の恵みを手にすることができます」と。この考えをセミナーで発表したら「???わからん」と言われたけんど、今でもそういう気持ちでやりゆう。

 さちさん:ここは牧野富太郎が愛した植物の宝庫でもあって、紫背スミレやセンブリ、サカワサイシンが群生してる。鳥もよく来るしね。山野草が好きな人はいっぱいいるけど、自然の中に生きている花がきれいと思える人に来てもらいたい。いなかが好きな人は居心地がいいと思う。

夏は屋根の下におったら涼しいし、冬には囲炉裏もある。電線が来てないので、電気はバッテリ逐電システムを使った太陽光発電でまかなってる。冷蔵庫も、お茶の乾燥機も使える。そういうシステム作りも教えられる。人工的に外から供給されているものがないので、災害があった時に、ここは生活できる。

 明郷園_澤村和弘さん

 研修生に向けて 

― インターンシップ研修生はどんな経験ができますか?

 さちさん:私は高知・北部の大豊町の出身なので、若い時は田舎がうっとおしかった。町は人が関知しないのでいいなと思ったけど、自分たちが子どもを育て終えて、二人だけになると、そういうところの本当の良さが分かってきました。

地域を大事にせないかんなと。うちにあるものは作って、ないものは交換。これからは物々交換の世の中だと思う。お金をいくら持ってても、作った人に権利がある。そういう時代に入ってくるんじゃないのかなと。作ってる人が一番偉いという、そういう農業にしないといけない。

私はいつもここに来ると心が洗われる感じがする。家から15分くらいかかるけど、着いたらリセットできて、農業の姿勢になる。トンネルを抜けたみたいに出てくるのが一番いい。そこはすごく好きなところ。

研修生には、耕作放棄地を手入れして変えようとしている現場、その事例を知って自分で学んでほしい。発展中の過程を見ることができると思います。

小学校での授業にて

▼澤村さんご夫婦インタビューはこちら

明郷園_澤村和弘さん:こんな人と仕事してみたい.jpg
自分でも将来的に作りたいと思っている人が来てくれたら嬉しいね。高齢化で佐川の茶園も耕作放棄地が増えている。お茶に可能性を見出してくれる人に来てもらいたい。これからお茶を作っていくのなら、「農協に出荷した後は知らん」じゃなくて、自分が飲みたいお茶を自分で作って自分で売らないと商売にならない。山の向こうにどんな景色があるか、まだまだ見えないお茶づくりやけんど、やる気のある人なら、土地の紹介もできます。イベント等で、お茶の販売促進、PRを一緒に担ってくれる人も募集中!
インターシップ募集要項
研修名

いなかベンチャーインターンシップ

期間

随時

受入機関

明郷園

宿泊場所

地域内の借家 
※時期、参加者の状況によって変更が生じます。お問合せ下さい。

コース名

山コース(農業、観光)

脱サラ農家と商品開発&販売促進&観光開発プロジェクト

研修概要

ブルーベリー、栗、お茶などのある農園の作業補助をしながら、商品PRのイベント運営や、農園のPR企画をし「農業体験を楽しんでもらえる農園」を目指してのコンテンツ開発に挑戦する。

研修内容
  • ○農園での農作業補助
  • ○商品(お茶)について調査、取材をする
  • ○商品PR又は、農園体験のイベント補助
参考
受入定員

1名
まずは、お問い合わせください。

応募条件
  • ○コミュニケーション能力を有し、人と協力し合って物事を進めることができる方
  • ○どんな業務でも学ぶ視点、意欲を持って取り組むやる気を持った方
  • ○やりたいこと・やるべきことを見つけるところも含めて、いろんな活動をしたい人と思って取り組める方
費用

参加費は、滞在期間や開始時期によって異なります。
まずは、お問合せください。

  • ▼参加費に含まれるもの
  • ○滞在宿泊代
  • ○保険代

 

  • ▼参加費に含まれず、自己負担が必要なもの  
  • ○集合場所までの往復の交通代
  • ○滞在中の食事代
  • ○研修中の移動交通代
  • (研修先まで、移動手段がない方は別途サポートします)
対象
  • ・田舎で、仕事をつくり、暮らしていきたいと考え始めた方
  • ・進学・就職・転職など将来に向けて経験を積みたい方
  • ・いなかビジネスを創り出すことにチャレンジしてみたい方
  • ・18歳以上の明るく健康な方
運営団体・事務局

一般社団法人いなかパイプ

備考
お問い合わせ・エントリーはこちら験

企画・運営

一般社団法人いなかパイプ
一般社団法人いなかパイプ

研修先一覧

体験先を探す