身近な癒やしで、気持ちをほぐそう!

 女性専用の民泊&へんろ宿 「シェアハウス土佐指南家」おかみのレイです。

 コロナ感染予防のため、四国88か所歩き遍路、中断が続いています。

 2年ほど歩くうちに、遍路道を辿るのが楽しみとなってきたところで、残念です。早く歩き遍路ができるようにと願う自分の変化に、大変驚いています。

 

 自粛生活のなか、上手に気分転換をはかっていくことは、大事になってきます。

 おかみにとっての気分転換、それは週に2日ほど通う畑での作業とネコとのやりとりになります。

 高知市から車で1時間15分、土佐町にある畑。主人の実家があり、亡き義母が野菜を作っていました。

 そして、その家には私達を癒やしてくれるネコの「みーこ」がいます。子ネコの時から住みついた野良ちゃんで、8年くらいになります。

 

畑からの眺め

畑からの眺め

 

畑での作業を終えて

畑での作業を終えて

 

 車の音がわかるようで、私達が到着すると

「にゃ〜」

と鳴いて、出迎えてくれます。そして、

「撫でてちょうだい」

とばかりに足元に寄ってきます。

 撫でると嬉しそうに目を細めます。時には、近づき過ぎた「みーこ」の足を踏んでしまうこともあり・・

「ごめんね」

とよく謝っています。

 足を踏まれても、変わらずに寄ってくる姿がとても可愛いです。

 

 車から荷物を下ろして、玄関に入るとドアにネコ影が映し出されます。サッシドアなので茶色の毛、鼻の黒い部分までネコ型のシルエットが見えます。

 ドアを開けるやいなや、急いで中に入ってくる「みーこ」、キャットフードを容器に入れると急いで食べ始めます。空腹を満たすと、ペット用電気カーペットを置いた指定席に座ります。

 時間の経過とともに、気持ちよそうに丸くなって眠っています。眠りネコ状態へ。その姿がなんともいえず、見てるだけで、こちらが癒やされます。

 

眠りネコ

眠りネコ

 

 家族のみんなに愛嬌をふりまくアイドルです。義父にも、寄り添っています。

 動物が苦手だった義父が、「みーこ」を撫でて笑顔を見せるように変わってきました。1人で過ごす時間が増えた義父の癒やしになっています。

 岩合光昭さんの動物の写真が大好きなおかみは、

「いい子だね〜」

「いい顔してるね〜」

と言いながら、スマホを「みーこ」に向けています。

 気分だけは岩合光昭さんになりきって、写真を撮っていますが、そんなに上手くは撮れません。

 寝ていると思ったら、目がうっすらと開いて、シャッターチャンスを逃すことも。シャッター音がわかるみたいで、近づいて撮ろうとすると起きることも・・モデルの自然な姿を撮るのは難しいですね。

 多様な表情のネコに、振り回されつつも、しっかりと癒やされています。

 

「みーこ」の指定席にて

「みーこ」の指定席にて

 

 気まぐれな所もあり、朝や昼にフードを食べると、すぐに出かけてしばらくやってこないこともあります。

 縄張りのパトロールなのか、詳細はよくわかりませんが、家の近くの畑には、よくやって来ます。草引きや収穫などの作業をしていると、目前に座って少々土や草がかかっても動かずじっとしています。

 こちらが、ふざけて多めの土を背中にかけると、怒ってネコパンチとひっかき技を出したことがあります。

 のどかな風景で時間を過ごすことで、日常のストレスも忘れていきます。「みーこ」と過ごすと、自然とよく笑っていて楽しい時間となります。

 

木が爪とぎ場に

木が爪とぎ場に

 

 犬や猫とのふれあいの癒やし効果、医療や福祉分野でも取り入れられています。

 おかみたちにとって「みーこ」とのふれあいが、まさにアニマルセラピーになっています。畑についてきたり、移動するところに必ずといっていいほど、姿を見せます。

 どこからか、やってくるので、思わず

「どこに、おった?」

と人に話しかけるように「みーこ」に話しています。

 

 歩き遍路でも、犬や猫たちに出会います。動物好きのおかみは、出会うと

「かわいいね」

と声をかけています。驚いた犬に吠えられる時もありますが、シッポを振ってくれることもあります。歩きの疲れを忘れて、癒やされていきます。

 これからも、可愛い癒やしを探しながら歩き遍路を続けていこうと思います。出会った犬や猫たちに声をかけてみるのが楽しみ。もちろん、驚かさないように気をつけていきます。

 

 いつか歩き遍路で出会った動物たちの写真も余裕があれば、撮っていきたいと夢を膨らませています。歩き遍路の思い出とともに、歩いたコースや景色などを振り返り、心を和ませていきたいと思います。

 コロナ渦中でも、癒やしと安らぎを見つけて、気分転換をしていきます。

 趣味や運動などいろいろな楽しみや癒やしがありますが、それを通して穏やかに過ごしたいですね。

 お客様がのんびりとくつろぐ民泊&おへんろ宿として、これからも頑張っていきます。

 

 おかみの癒やし、ネコの「みーこ」とのゆるりとした時間が、楽しいリラックスタイムとなっています。畑での作業も一層楽しくなります。作業中にじゃれてくる姿や、昼寝する様子など、のどかな時間を過ごしています。

 季節の移り変わりが、草花や山並みの色などでも感じられ、山桜で淡い桃色や紅葉の彩りが大好きです。

 

畑での一息

畑での一息

 

 週に2日、ここで過ごす時間でリラックスして気持ちをほぐしていきます。そして、前向きに進んでいこうと思います。

 動物とのふれあい、いなかののどかな風景などをこれからも伝えていきます。

 

FacebookTwitterLine

▼コメントをどうぞ

    • 女性シェアハウス「土佐指南家」に民泊しに来てね!

    • 和田玲子