いなかパイプ 「いなか」と「とかい」のパイプWEB

かっぱバックパッカーズ

スタッフ/いなかマガジン執筆者

村岡明紀
村岡明紀

「最後の清流」四万十川沿いに位置する、のどかな町「四万十町十和地区」。国道から小道を少しだけ歩いて上り、トンネルをくぐると現れる、まるで秘密基地のようなお宿。古い民家を手作業で少しづつ、時間をかけてリノベーションしています。お部屋の壁にはかっぱやアユが泳いでいたり、階段の上を電車が走っていたりと、館の中に四万十の魅力と世界観をぎゅぎゅっと詰め込んだ、とても楽しい空間に仕上がりました。店長は元四万十町の移住相談員&観光協会の職員でしたので、移住相談&観光情報についてはお任せ下さい。

かっぱバックパッカーズ概要
  • ●IN OUT(in16:00,out10:00)
  • ●P(5台)
  • ●アクセス
  • 【車】四万十町中央ICから約50分
  • 【徒歩】JR十川駅から徒歩8分
  • ●料金
  • ・1人1泊2800円(ドミトリー)、3800円(個室)
  • ※GW、 お盆、年末年始、その他イベント開催時期はハイシーズン 価格(1000円プラス)となりますのでご了承下さい
  • ※団体、貸切、長期滞在、移住相談につきましては問い合わせください
【いなか体験】人と自然とが一体となってもてなす『いなかゲストハウス』
  • 四万十川のリバービューはもちろん、地元を走る汽車・JR予土線が目と鼻の先を走り抜けるロケーションと地域とのつながりが宿の自慢。そうした魅力に呼ばれ、早速、国内外から続々とお客さんが訪れている「かっぱバックパッカーズ」で研修生の受け入れが始まります。
  • http://inaka-pipe.net/intern/interview27/